ニール・ヤング

Total 8 Posts

1945年カナダのトロント生まれ。66年にロサンゼルスに移り、リック・ジェイムス率いるThe Mynah Birdsを経て、スティーヴン・スティルスらと共にロサンゼルスでBuffalo Springfieldを67年に結成するも、翌年68年に解散。69年にソロデビュー。孤高のレジェンドとしての地位を確立していく。バンクーバーオリンピックの閉会式では、カナダ代表のミュージシャンとしてライブを行った。Pearl Jamとのコラボレーションや、Sex Pistolsのジョニー・ロットンに捧げる曲、Nirvanaのカート・コバーンに捧げる曲を発表するなど、時代の流れを捕えつつ、若手との交流を続けながら既成の枠にはまることなく革新的なギタープレイ / サウンドを生みだし続けている。毎年開催される、障害時教育機関のチャリティーイベント『ブリッジ・スクール・ベネフィット・コンサート』の主宰者としても活動。

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて