ベルトラン・ラヴィエ

Total 2 Posts

1949年、シャティヨン=シュール=セーヌ(フランス)生まれ。1980年代および1990年代のアプロプリエーション(流用)アート運動に強い影響力を与えたアーティストであり、冷蔵庫やテーブルといった日常的な大量生産製品にペイントを何層も厚塗した、もしくは、ありふれた「物」を台座に置いたレディメイド作品でよく知られている。多種多彩な媒体を駆使するラヴィエの作品はこれまで世界各地で展示され、2012年にはポンピドゥーセンター(パリ、フランス)で大々的な回顧展が開催。

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて