内村光良

Total 76 Posts

1964年7月22日生まれ、熊本県出身。監督・脚本作品に『ピーナッツ』(2006年)、『ボクたちの交換日記』(2013年)。主な出演映画としては、映画『七人のおたく』(1992年、山田大樹監督)、『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』(2003年、金子文紀監督)、『ゼブラーマン』(2004年、三池崇史監督)、『恋人はスナイパー 劇場版』(2004年、六車俊治監督)、『サヨナラCOLOR』(2005年、竹中直人監督)、『西遊記』(2007年、澤田鎌作監督)、『内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル』(2015年、工藤浩之監督)など。

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて