Nao Yoshioka

Total 6 Posts

NY仕込みのパワフルなボイスと表現力、ヒストリーに根ざしながらもレイドバックとは異なるモダンなテイストを兼ね備えた進行形ソウルシンガーNao Yoshioka。2009年からニューヨークに2年半滞在し、アポロシアターのアマチュアナイトでは準優勝、トップドッグまで上り詰めた。アメリカ最大級のゴスペルフェスティバルでは40,000人の中からファイナリストに選ばれ帰国。2013年11月、待望のデビューアルバム『The Light』をリリース。和製アリシア・キーズと呼ばれ、渡米時にはグラミー受賞アーティストのGordon Chambersから称賛を受ける。日本代表として世界のソウルミュージックシーンに羽ばたく希望の光。2015年4月8日、メジャーデビューアルバム『Rising』をリリース。そして2015年4月28日、全米デビューも決定。

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて