Vampire Weekend

Total 14 Posts

2006年、米NYコロンビア大学在学中に、エズラ・クーニグ(Vo,Gt)、ロスタム・バトマングリ(Key,Vo)、クリス・バイオ(Ba)、クリストファー・トムソン(Dr)の4名で結成。早期から注目を集め、激しい争奪戦の末インディーレーベル「XL Recordings」と契約。2008年にリリースされたデビューアルバム『Vampire Weekend』はデビュー作にして全米・全英チャートいずれもトップ20入りを果たす。2ndアルバム『Contra』(2010年)は全米チャート1位を獲得し、グラミー賞にもノミネート。3作目『Modern Vampires of the City』(2013年)では2作連続となる全米チャート1位を記録し、インディーロックバンド史上初の2作連続全米1位という快挙を達成。同作は『第56回グラミー賞』最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム賞を受賞。2016年、メンバーのロスタム・バトマングリが脱退を発表。エズラ・クーニグ(Vo,Gt)がソングライター / プロデューサーとして参加したビヨンセ「Hold Up」(アルバム『Lemonade』収録)で、『第59回グラミー賞』ノミネートを獲得。これまで『Summer Sonic』『FUJI ROCK FESTIVAL』への出演を含む計7度来日。2019年、レーベルをコロンビアへ移籍し、6年振り新作『Father Of The Bride』を発売。全米チャート1位を獲得。

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて