検索結果

WRITER ライター一覧

  • 木津毅

  • 黒田隆憲

    90年代後半にロックバンドCOKEBERRYでメジャー・デビュー。山下達郎の『サンデー・ソングブック』で紹介され話題に。ライターとしては、スタジオワークの経験を活かし、楽器や機材に精通した文章に定評がある。2013年には、世界で唯一の「マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン公認カメラマン」として世界各地で撮影をおこなった。主な共著に『シューゲイザー・ディスクガイド』、著著に『プ…

  • 原雅明

  • 島貫泰介

    美術ライター&編集者。1980年生まれ。

  • 佐伯享介(CINRA.NET編集部)

    青森県出身。2011年からCINRA.NET編集部でニュース担当。SFと文学と柴犬と猫が好き。

  • 飯嶋藍子

    フリーエディター / ライター。1990年生まれ。北海道帯広市出身。学生時代から音楽、美容、ライフスタイルなどの分野で編集業務に携わる。ロッキング・オン・ジャパン、CINRA.NETでの勤務を経て、2017年夏に独立。人生最大のイベントはグレイトフルデッド復活ライブと、オーストラリアでの皆既日食観測。自然と動物をこよなく愛するキャンパーです。

  • 辰巳JUNK

    平成生まれ。音楽、映画、ドラマ、セレブレティなど、アメリカを中心としたポップカルチャー・ウォッチャー。著書に『アメリカン・セレブリティーズ』(スモール出版)

  • 西森路代

  • 村尾泰郎

  • 三宅正一

    1978年生まれ、東京都出身。雑誌「SWITCH」「EYESCREAM」の編集を経てフリーライターに。音楽を中心にカルチャー全般の執筆を手がけている。

  • 山元翔一(CINRA.NET編集部)

    CINRA.NET編集。うお座。中野区在住。大学卒業後、2つの会社を経て入社。好きな言葉はオルタナティブ。

  • 吉田みのり

  • 杉原環樹

    ライター。1984年東京生まれ。出版社勤務を経て、現在は美術系雑誌や書籍を中心に、記事構成・インタビュー・執筆を行う。美術手帖、CINRA.NET、アーツカウンシル東京関連など。構成を担当した書籍に、トリスタン・ブルネ著『水曜日のアニメが待ち遠しい:フランス人から見た日本サブカルチャーの魅力を解き明かす』。一部構成や編集協力として関わった書籍に、卯城竜太(Chim↑Pom)+松…

  • 九龍ジョー

  • 麦倉正樹

    ライター/インタビュアー/編集者。「CUT」、「ROCKIN’ON JAPAN」誌の編集を経てフリーランス。音楽、映画、文学、その他諸々について、あちらこちらに書いてます。最近はブックライター的なお仕事も。基本フットボールの奴隷。

  • 佐々木鋼平(CINRA.NET編集長)

    千葉生まれ京都育ち。アートの世界でギャラリー、オークション、出版社勤務を経て、現在はCINRA.NET編集部でアート、舞台の記事などを担当。小沢健二、佐藤伸治、マルセル・デュシャンなどが神様。

  • 宇治田エリ

  • 松井友里

  • 北沢夏音

    1962年東京都生まれ。ライター、編集者。92年『Bar-f-out!』を創刊。著書に『Get back,SUB! あるリトル・マガジンの魂』(本の雑誌社)、共著に『次の本へ』(苦楽堂)、『冬の本』(夏葉社)、『音盤時代の音楽の本の本』(カンゼン)、『21世紀を生きのびるためのドキュメンタリー映画カタログ』(キネマ旬報社)など。ほかに『80年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)の監修、山口隆対…

  • 金子厚武

    1979年生まれ。埼玉県熊谷市出身。インディーズのバンド活動、音楽出版社への勤務を経て、現在はフリーランスのライター。音楽を中心に、インタヴューやライティングを手がける。主な執筆媒体は『MUSICA』『ミュージック・マガジン』『bounce』『MARQUEE』『CINRA』『ナタリー』など。『ポストロック・ディスク・ガイド』(シンコーミュージック)監修。

  • TAISHI IWAMI

  • 天野史彬

    1987年生まれの音楽ライター。東京に住んでいます。

  • 菅原史稀

    編集者、ライター。1990年生まれ。webメディア等で執筆。映画、ポップカルチャーシーンの分析を主な分野とする。

  • 宮田文久

    1985年生まれのフリー編集。慶大文学部社会学専攻卒業後、株式会社文藝春秋に入社。『週刊文春』文化欄(「淑女の雑誌から」などの連載・書評・インタビュー)で3年、『Number』『Number Do』で4年半、編集者として鍛えてもらいながら、通信制である日大大学院総合社会情報研究科修了(博士論文は『現代日本文化における災厄の表象―「越境」と「戦争の記憶」の理論的交点―』)。『Numb…

  • 大石始

  • 小野寺系

  • 柴那典

    1976年神奈川県生まれ。ライター、編集者。音楽ジャーナリスト。ロッキング・オン社を経て独立。雑誌、WEB、モバイルなど各方面にて編集とライティングを担当し、音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。主な執筆媒体は「AERA」「ナタリー」「CINRA」「MUSICA」「リアルサウンド」「NEXUS」「ミュージック・マガジン」「婦人公論」など。「cakes」に…

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信