検索結果

WRITER ライター一覧

  • 松井友里

  • 黒田隆憲

    90年代後半にロックバンドCOKEBERRYでメジャー・デビュー。山下達郎の『サンデー・ソングブック』で紹介され話題に。ライターとしては、スタジオワークの経験を活かし、楽器や機材に精通した文章に定評がある。2013年には、世界で唯一の「マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン公認カメラマン」として世界各地で撮影をおこなった。主な共著に『シューゲイザー・ディスクガイド』、著著に『プ…

  • 西森路代

  • 久野剛士(CINRA.NET編集部)

    編集者。1986年生、静岡県出身。編集プロダクション、KWC ケイ・ライターズクラブにて雑誌、ムック本の編集に携わる。その後、現在までカルチャーWebメディア「CINRA. NET」で、インタビューやコラム記事の編集を行っている。主な関心は、映画とブラックミュージック。

  • 麦倉正樹

    ライター/インタビュアー/編集者。「CUT」、「ROCKIN’ON JAPAN」誌の編集を経てフリーランス。音楽、映画、文学、その他諸々について、あちらこちらに書いてます。最近はブックライター的なお仕事も。基本フットボールの奴隷。

  • 小野寺系

  • 島貫泰介

    美術ライター&編集者。1980年生まれ。

  • 金子厚武

    1979年生まれ。埼玉県熊谷市出身。インディーズのバンド活動、音楽出版社への勤務を経て、現在はフリーランスのライター。音楽を中心に、インタヴューやライティングを手がける。主な執筆媒体は『MUSICA』『ミュージック・マガジン』『bounce』『MARQUEE』『CINRA』『ナタリー』など。『ポストロック・ディスク・ガイド』(シンコーミュージック)監修。

  • 村上広大

  • 天野史彬

    1987年生まれの音楽ライター。東京に住んでいます。

  • 後藤美波(CINRA.NET編集部)

    CINRA.NET編集部所属。大学卒業後、ギャラリー勤務などを経て渡英。ロンドンの大学院を卒業後、2014年にCINRA入社。修士論文のテーマは「美術館のオーディエンスデベロップメントにおけるSNSの活用法」。

  • 木津毅

  • 羽佐田瑶子

    1987年、神奈川出身。映画会社、訪日外国人向け媒体などを経て、現在はフリーのライター、編集。関心事はガールズカルチャー全般。女性アイドルや映画を中心に、幅広くインタビュー・コラムを執筆。主な媒体はQuick Japan、She is、テレビブロス、CINRA.NET、ほぼ日など。岡崎京子とグザヴィエ・ドランとアイドル箱推し、ロマンチックなものが好きです。

  • 柴那典

    1976年神奈川県生まれ。ライター、編集者。音楽ジャーナリスト。ロッキング・オン社を経て独立。雑誌、WEB、モバイルなど各方面にて編集とライティングを担当し、音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。主な執筆媒体は「AERA」「ナタリー」「CINRA」「MUSICA」「リアルサウンド」「NEXUS」「ミュージック・マガジン」「婦人公論」など。「cakes」に…

  • 山元翔一(CINRA.NET編集部)

    CINRA.NET編集。うお座。中野区在住。大学卒業後、2つの会社を経て入社。好きな言葉はオルタナティブ。

  • s.h.i.

  • 上田洋子

  • 辰巳JUNK

    平成生まれ。音楽、映画、ドラマ、セレブレティなど、アメリカを中心としたポップカルチャー・ウォッチャー。著書に『アメリカン・セレブリティーズ』(スモール出版)

  • 松本友也

    1992年生。ライター。都市文化批評誌「Rhetorica」で企画・ライティングを担当。

  • 佐伯享介(CINRA.NET編集部)

    青森県出身。2011年からCINRA.NET編集部でニュース担当。SFと文学と柴犬と猫が好き。

  • 矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

    CINRA.NET編集者。大阪府出身、アメリカ・ニュージャージー経由、京都育ち、杉並区在住。『ビートルズはなぜ売れたのか?』をテーマに卒業論文を提出した後、芸能事務所に入社、アーティストマネージャーとして勤務。2014年より、CINRA.NET編集部で主に音楽記事を担当。

  • 細田成嗣

  • 橋本達典

    1968年東京都生まれ。宮崎県出身。フリー編集&ライター。 『TVガイド』の記者、『TVBros.』での編集・執筆を経てフリーに。 『Men's JOKER』『Numero TOKYO』等の雑誌や、『インターネットTVガイド』 『テレ東プラス』『CINRA』等のWeb媒体を中心にインタビュー・コラムを執筆。 『木梨憲武って!?「シアワセの天才」ノリさんが語る、人生を100倍楽しむ方法』 『カンニング竹山の…

  • 相田冬二

    ライター、ノベライザー。『週刊金曜日』『T.』『UOMO』などの雑誌、日本映画の劇場用パンフレットなどで執筆中。2007年の『キサラギ』(角川文庫)から、映画やドラマのノベライズも手がける。最新作は『さよなら歌舞伎町』(リンダパブリッシャーズ)。SMAPの活動を縦横無尽に論じる週刊批評「Map of Smap」を楽天エンタメナビにて連載中。 SMAPコラム『Map of Smap』 - 【楽天エンタ…

  • 高須正和

  • 杉原環樹

    ライター。1984年東京生まれ。出版社勤務を経て、現在は美術系雑誌や書籍を中心に、記事構成・インタビュー・執筆を行う。主な媒体に「美術手帖」「CINRA.NET」「プレジデント」「朝日新聞デジタル&w」など。構成を担当した書籍に、トリスタン・ブルネ著『水曜日のアニメが待ち遠しい:フランス人から見た日本サブカルチャーの魅力を解き明かす』。一部構成や編集協力として関わった書籍…

  • 栗原裕一郎

  • 萩原雄太

    83年、茨城県出身。演出家・劇作家。2007年より自身の演劇カンパニー「かもめマシーン」を主宰する。チェーホフの「かもめ」に着想を得た翻案劇「かもめ/マシーン」で、シアターX国際舞台芸術祭参加。また、他劇団への脚本提供など各種。主な受賞歴に「浅草キッド『本業』読書感想文コンクール」優秀賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる