YEN TOWN BANDは、なぜ20年ぶりに本格的に復活するのか?

1996年、映画監督・岩井俊二がその評価を不動のものにした『スワロウテイル』の劇中に登場する架空のバンドがデビュー、オリコンアルバム / シングルチャートで1位を獲得した。その名は「YEN TOWN BAND」。Chara、岩井俊二、小林武史という、3つの巨大な才能によって生み出されたシングル『Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜』は、その後20年という時の中で様々なアーティストにカバーされ、時代を超えて受け継がれる名曲となっている。

そんなYEN TOWN BANDが2015年秋、約20年ぶりに本格的に活動を再開する。しかしなぜ今になっての復活なのか? そしてそもそもYEN TOWN BANDとは何だったのか? それをあらためて検証するため、今連載では小林武史を中心に、同バンドに関わる人々に話をうかがい、その理由、意義を紐解いていきたいと思う。

YEN TOWN BAND × CINRA.STORE コラボレーションアイテムはこちら

Facebook - YEN TOWN BAND



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Article
  • YEN TOWN BANDは、なぜ20年ぶりに本格的に復活するのか?

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて