タナカカツキの処女単行本『逆光の頃』が新装版として復刻、巻末には吉田アミとの座談会も

現代美術家としても活躍するタナカカツキの処女単行本『逆光の頃』が、新装版として太田出版から刊行された。

『逆光の頃』は、1988年から『コミックモーニング』および『モーニングOPEN』(現在の『モーニング』)で連載されたタナカカツキのマンガ家デビュー作品。京都を舞台に「中学生」という不安定な時期を巧妙に描写しており、現在のナンセンスな作風とは異なる繊細な世界観が魅力だ。大胆に使用されたベタや余白と、巧みに用いられているスクリーントーンが作り出すビジュアルセンスは、読む者の記憶に深い印象を残してくれる。

巻末にはタナカカツキとポータルサイト「webDICE」にてマンガコラム「マンガ漂流者(ドリフター)」を連載中の吉田アミ、マンガ読み・石原進吾による座談会も収録。『逆光の頃』がメジャー青年誌に連載された理由、京都取材時のエピソードなど、作品をより深くを楽しむことができる内容となっている。

『逆光の頃』

2009年7月31日発売
著者:タナカカツキ
価格:1,365円(税込)
発行:太田出版

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • タナカカツキの処女単行本『逆光の頃』が新装版として復刻、巻末には吉田アミとの座談会も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて