ライブ用音響で大胆かつ繊細な映画体験『爆音映画祭』、上映作のリクエストも募集中

通常はない音楽ライブ用の音響セッテイングをフルに使い、大音量の中で映画を見聴きする『爆音映画祭』が、5月28日から6月12日まで吉祥寺バウスシアターで開催される。

一般劇場上映では聴くことのできない迫力と、その爆音によって視覚までもが変容していくトリップ感、そして大音響でなければ聴こえてこない幽かな音を聞くという、大胆かつ繊細な体験が好評を呼んでいる同映画祭。昨年は、『地獄の黙示録 特別完全版』『2001年宇宙の旅』などが上映されたほか、大友良英、ジム・オルークらのライブ、黒沢清によるレクチャーも行われた。

今回の上映作品などはまだ明かされていないが、現在『爆音映画祭』のオフィシャルサイトでは上映作品のリクエストを募集している。投票のあった中から上位3作品が映画祭にて上映される予定だ。

また映画祭に先駆け、2月20日から3月5日まで『爆音ナイト2009年傑作選』と称し、『リミッツ・オブ・コントロール』『ミルク』『アンナと過ごした4日間』『THIS IS ENGLAND』の4作品が爆音上映される。

『第3回爆音映画祭』

2010年5月28日(金)~6月12日(日)
会場:吉祥寺バウスシアター

『爆音ナイト2009年傑作選』

2010年2月20日(土)~3月5日(金)
会場:吉祥寺バウスシアター

上映作品:
『リミッツ・オブ・コントロール』
『ミルク』
『アンナと過ごした4日間』
『THIS IS ENGLAND』

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ライブ用音響で大胆かつ繊細な映画体験『爆音映画祭』、上映作のリクエストも募集中

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて