鈴木慶一も絶賛するエキゾチカポップバンド「cero」がカクバリズムよりデビュー

様々な情景の浮かぶエキゾチックなポップミュージックを奏でる4人組「cero」が、ファーストアルバム『WORLD RECORD』を「カクバリズム」より2011年1月26日にリリースする。

2004年に結成されたceroは、ライブハウスや喫茶店など場所を選ばないライブ活動や、正式音源発表前から鈴木慶一に見いだされ、「commmons」よりリリースされたアルバム『細野晴臣strange Song Book -Tribute To Haruomi Hosono2-』収録の“東京シャイネスボーイ”へ参加するなどで注目を集めてきたバンドだ。

先行リリースされた10インチレコード『21世紀の日照りの都に雨が降る』に続く『WORLD RECORD』は、1970年代のティンパンアレー周辺の趣きを現代的にアップデートした、懐かしくも新しい1枚。基本となるギター、ベース、ドラムの編成に、スティールパン、マリンバ、クラリネット、バイオリン、チェロ、シンセ、オルガンなども多用し、サイケデリックなロックセンスとHIP HOPが絶妙にブレンドしたインディーポップがつまった全12曲を収録している。

アルバムジャケットはイラストレーターの本秀康が担当。発売に先駆け、バンドのMyspaceではダイジェスト版の公開がスタートしている。

cero
『WORLD RECORD』

2011年1月26日発売
価格:2,200円(税込)

1. ワールドレコード
2. 21 世紀の日照りの都に雨が降る
3. 入曽
4. あののか
5. outdoor
6. ターミナル
7. exotic penguin steps(intro)
8. exotic penguin night
9. 大停電の夜に
10. マクベス
11.(I found it) Back Beard
12. 小旅行

amazonで購入する

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 鈴木慶一も絶賛するエキゾチカポップバンド「cero」がカクバリズムよりデビュー

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて