『モテキ』が映画化決定、フジ役に森山未來&監督・大根仁の黄金タッグも継続

久保ミツロウ原作の漫画『モテキ』の映画化が決定した。

『モテキ』は、30歳を目前に控え、突如「モテ期」が訪れた派遣社員の藤本幸世と、彼の周りに現れる4人の女性を中心に描かれるラブコメディ。昨年には、大根仁監督・脚本によるドラマ化が実現し、放送後もドラマ使用楽曲を集めたコンピレーションアルバムの発売や、関連アーティスト出演のライブイベントが開催されるなど、大きな話題を集めた。

詳細については後日発表される予定だが、大根仁のオフィシャルブログでは、監督・脚本を大根仁、主演を森山未來が務めること、さらに上映は全国で行われることが明らかにされている。続報を楽しみに待とう。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『モテキ』が映画化決定、フジ役に森山未來&監督・大根仁の黄金タッグも継続

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて