写真家・新津保建秀とももクロ早見あかり、写真と音源で展覧会を開催

写真家・新津保建秀が、4月10日にアイドルユニット「ももいろクローバー」を脱退する早見あかりを被写体にした展覧会『Spring Ephemeral』が、東京・馬喰町のFOIL GALLERYで4月15日から開催される。

同展は、写真家としての活動以前から映像とフィールドレコーディング作品の製作を行ってきた新津保と、アイドル活動を行いながら新津保による多数のアートプロジェクトに参加してきた早見あかりによるコラボレーション展。雑誌『IANN』で発表されたポートレートの連作『Fluid / Girl』をはじめとする写真作品に加え、野外録音した音源から抽出したサウンドファイルの断片や、早見によって録音された都内近郊の環境音から選ばれた音源を中心に構成される。また、早見の16歳の誕生日である3月17日に撮影した最新作なども登場する。

なお会場では4月下旬より、セミトランスペアレント・デザインの田中良治がデザインを手がけた展覧会のコンセプトブックの販売も予定されている。


新津保建秀×早見あかり
『Spring Ephemeral』

2011年4月15日(金)~5月14日(土)
会場:東京都 馬喰町 FOIL GALLERY
時間:12:00~19:00
休廊日:日曜(4月29日および5月3日~5日は開廊)
料金:無料

(画像上から:Kenshu Shintsubo, Fluid / Girl , 2009、Kenshu Shintsubo, Spring Ephemeral , 2011、Kenshu Shintsubo, Spring Ephemeral , 2011、Kenshu Shintsubo, Spring Ephemeral , 2011)

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 写真家・新津保建秀とももクロ早見あかり、写真と音源で展覧会を開催

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて