ミュージシャンrei harakamiが脳出血で逝去、享年40歳

ミュージシャンのrei harakamiが、脳出血のため7月27日19:00頃に逝去したことがわかった。享年40歳。

rei harakamiは、1970年に広島で生まれ、京都を拠点に活動。1995年頃から本格的な音楽活動を開始し、1998年に1stアルバム『Unrest』をリリース。2001年にリリースされた『Red Curb』では、ローランド社の「SC-88Pro」を用いた独特の浮遊感溢れるサウンドで人気を集めた。その後、2007年には矢野顕子とのユニット「yanokami」を結成。また、映画音楽の制作や、様々なアーティストへ秀逸なリミックスを提供するなど、日本の電子音楽界を牽引する存在として精力的な活動を行って来た。

今夏は『METAMORPHOSE 2011』『りんご音楽祭』への出演や、yanokamiでの『SUMMER SONIC 2011』出演を予定していた。

  • HOME
  • Music
  • ミュージシャンrei harakamiが脳出血で逝去、享年40歳

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて