やくしまるえつこ“少年よ我に帰れ”PVのショート版がYouTubeで公開スタート

やくしまるえつこの楽曲“少年よ我に帰れ”のPVが、YouTubeで公開されている。

今回公開されたPVは、レーベル「みらいレコーズ」のオフィシャル通販サイト「みらいストア」で配信されている同PVのショートバージョン。7分にもおよぶ楽曲の中から、約4分40秒の視聴が可能になっている。

同PVは、楽曲の世界をイメージして作られた数10個の機構オブジェクトに、ピコプロジェクターとロボットアームを用いてプロジェクションマッピングを行ない制作された作品。機構の動作や映像、照明などの変化は、楽曲とやくしまるの歌声によってコントロールされており、編集を加えない一発撮りで撮影されたという。

なお、監督を手掛けた真鍋大度は、石橋素とのコラボレーション作品『particles』で『第15回 文化庁メディア芸術祭 アート部門』の優秀賞を受賞している。

また、東京・初台のNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]では、実際に今回のミュージックビデオに使われた装置を見ることができるほか、同ビル内の東京オペラシティアートギャラリーで開催中の『感じる服 考える服:東京ファッションの現在形』では、やくしまるの等身大パネルも展示されている。

  • HOME
  • Music
  • やくしまるえつこ“少年よ我に帰れ”PVのショート版がYouTubeで公開スタート

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて