企画展『「科学で体験するマンガ展」〜時を超える夢のヒーロー〜』が日本科学未来館で開催

漫画に登場するヒーローとヒロインの能力を科学技術で再現する企画展『「科学で体験するマンガ展」~時を超える夢のヒーロー~』が、東京・お台場の日本科学未来館で7月7日から開催される。

同展では、藤子不二雄(A)の『怪物くん』、石ノ森章太郎の『サイボーグ009』、手塚治虫の『鉄腕アトム』、藤子・F・不二雄の『ドラえもん』、赤塚不二夫の『ひみつのアッコちゃん』(作品50音順)の5作品の世界を、顔画像認識技術やプロジェクションマッピング、3D衛星画像マップなどの技術を駆使して再現。

人々の想像をかき立て、夢の世界を実現しようという原動力となった1960年代から1970年代に描かれた作品世界の魅力、科学技術とその可能性を伝える。

※記事掲載時、タイトルに誤りがありました、訂正してお詫びいたします

『「科学で体験するマンガ展」~時を超える夢のヒーロー~』

2012年7月7日(土)~10月15日(月)
会場:東京都 お台場 日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンa・b
時間:10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:火曜(ただし、夏休み期間中は開館)
料金:大人1,300円 18歳以下700円(常設展示入場可)
※6歳以下の未就学児、障害者手帳保持者は当人および付き添い者1名まで無料

(画像上:『「科学で体験するマンガ展」~時を超える夢のヒーロー~』キービジュアル ©石森章太郎プロ、©手塚プロ、©フジオプロ、©藤子スタジオ、©藤子プロ(50音順)、画像下:会場イメージ)

  • HOME
  • Life&Society
  • 企画展『「科学で体験するマンガ展」〜時を超える夢のヒーロー〜』が日本科学未来館で開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて