様々な肩書きを持つソラミミスト安齋肇の全貌に迫る還暦記念展『anzai expo 60』

安齋肇の還暦を記念した展覧会『anzai expo 60~安齋肇 還暦博覧会~』が、5月17日から東京・渋谷PARCO内のパルコミュージアムで開催される。

イラストレーター、アートディレクター、ソラミミスト、ナレーターやバンドマンなど多数の肩書きを持つ安齋。同展は、安齋の誕生から現在までの60年間を様々な切り口から紐解く作品60点で構成。子ども時代の写真や作画を紹介する『コドモアンザイ』や、安齋が手掛けたユニコーンなどのツアーパンフレットを紹介する『ツアパンアンザイ』、みうらじゅんと日本各地を観光案内するユニット「勝手に観光協会」を紹介する『勝手にアンザイ』などから、謎に包まれた安齋の全貌を明らかにしていく。

会場では同展のピンバッジ、てぬぐい、Tシャツ、クリアファイル、トートバッグなどのオフィシャルグッズに加え、トーキョーカルチャートbyビームスから安斎の画集とスペシャルボックスが発売される。


イベント情報

『anzai expo 60 ~安齋肇 還暦博覧会~』

2013年5月17日(金)~6月2日(日)
会場:東京都 渋谷 パルコミュージアム 渋谷パルコパート1・3F
時間:10:00~21:00(最終日は18:00まで、入場は閉場30分前まで)
料金:一般500円 学生400円
※小学生以下無料

 

(画像上から:『anzai expo 60~安齋肇 還暦博覧会~』ロゴ ©anzaiexpo60、安齋肇によるドローイング ©Hajime Anzai、小泉今日子『K-iD』ツアーパンフレット(1989) ©Hajime Anzai、安齋肇)

  • HOME
  • Art,Design
  • 様々な肩書きを持つソラミミスト安齋肇の全貌に迫る還暦記念展『anzai expo 60』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて