欧州メディア芸術賞『アルス・エレクトロニカ賞』にPerfume、ニコニコ学会βら

オーストリアのメディアアート賞『Prix Ars Electronica』の受賞者が発表された。

1987年から毎年優れたメディアアートを表彰している同賞。各部門ごとに最優秀賞にあたる「ゴールデン・ニカ賞」、準グランプリにあたる「優秀賞」、入選にあたる「栄誉賞」などが与えられる。

今回発表された日本人受賞者は、「DIGITAL MUSICS AND SOUND ART」部門の優秀賞に輝いたSjQ++、栄誉賞を受賞したTypingmonkeys、後藤英、スズキユウリ、「INTERACTIVE ART」部門の優秀賞に輝いた藤幡正樹、栄誉賞を受賞したnecomimi(neurowear)、Perfume Global Site Project(Perfume、真鍋大度、MIKIKO、堀井哲史、木村浩康)、「HYBRID ART」部門で栄誉賞を受賞したスプツニ子!、「DIGITAL COMMUNITIES」部門で栄誉賞を受賞した江渡浩一郎とニコニコ学会β、「東日本大震災アーカイブ」を手掛けた渡邉英徳。全受賞者および受賞作品はオフィシャルサイトで確認しよう。

各章の授与は9月にオーストリア・リンツで開催される『Ars Electronica Festival』で行われるほか、受賞者は『Prix Ars Electronica Forums』でのプレゼンテーションに招待される。

(画像:『Prix Ars Electronica』ロゴ)

  • HOME
  • Art,Design
  • 欧州メディア芸術賞『アルス・エレクトロニカ賞』にPerfume、ニコニコ学会βら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて