KENTARO!!主宰ダンスカンパニー新作はエネルギー溢れる『つまるところ よいん』

振付家・ダンサーKENTARO!!主宰のダンスカンパニー「東京ELECTROCK STAIRS」の新作公演『つまるところ よいん』が、10月22日から神奈川・横浜のKAAT 神奈川芸術劇場 中スタジオで上演される。

ヒップホップを中心としたテクニックをベースに独自のダンス表現に挑戦し続けているKENTARO!!。近年は自作音源を交えた、物語を彷彿とさせるダンスを展開している。東京ELECTROCK STAIRSにとって今年3作品目の新作となる『つまるところ よいん』には、ここ数年にわたり国内外の活動を共にしている横山彰乃、高橋萌登、服部未来、吉田拓、泊麻衣子に加え、木引優子(青年団)、ダンス集団TABATHAの工藤響子が参加する。

KENTARO!!は同作について「売りでもある運動量が豊富な踊る作品になるのは間違いないのですが、6月に上演した『東京るるる』で紡いだダークポップと独自の比喩と音楽、そして客演に役者を加え、今までにない感触を生み出したいと考えています」とコメントしている。チケットは現在発売中。

イベント情報

東京ELECTROCK STAIRS
『つまるところ よいん』

2013年10月22日(火)~10月27日(日)全6公演
会場:神奈川県 横浜 KAAT 神奈川芸術劇場 中スタジオ
振付・音楽:KENTARO!!
出演
KENTARO!!
横山彰乃
高橋萌登
服部未来
吉田拓
泊麻衣子
木引優子(青年団)
工藤響子(TABATHA)
料金:
前売 一般3,000円 学生2,000円
当日 一般・学生3,500円
リピーター割引1,000円(要予約、半券が必要)

(画像:『東京るるる』 撮影:大洞博靖)

  • HOME
  • Stage
  • KENTARO!!主宰ダンスカンパニー新作はエネルギー溢れる『つまるところ よいん』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて