「無限のエネルギー」を立体で表現、NY拠点に活動するアーティスト森万里子個展

美術家・森万里子の個展『Infinite Renew(無限の再生)』が、2014年1月5日まで東京・表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京で開催されている。

ニューヨークを拠点に活動する森は、2005年の『ヴェネチアビエンナーレ』に出品されたインスタレーション『WAVE UFO』で国際的に注目を集めた美術作家。森が手掛けた大型のインスタレーション作品は、ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ、パリのポンピドゥ・センター、ミラノのプラダ財団、ニューヨークのブルックリン美術館、シカゴ現代美術館、ロンドンのサーペンタイン・ギャラリー、ロサンゼルス・カウンティ美術館など世界各地で展示されている。

「エネルギーの果てしない再生」をテーマに掲げる同展では、7点の新作を含む8点を展示。出展作品は、床から天井まで伸びる3本の螺旋から構成され、カメラとLEDディスプレイを用いてリアルタイムでエネルギーの視覚化に挑んだ彫刻『Infinite Energy(無限のエネルギー)』をはじめ、輪廻を象徴する彫刻『Renew』シリーズ、2013年の『ヴェネチアビエンナーレ』の特別プログラムとしてフェニーチェ劇場で上演されたオペラ『蝶々夫人』の舞台装置『Butterfly』など、「無限のエネルギー」を想起させる展示内容になっている。


イベント情報

『Infinite Renew(無限の再生)』by 森万里子

2013年9月28日(土)~2014年1月5日(日)
会場:東京都 表参道 エスパス ルイ・ヴィトン東京(ルイ・ヴィトン表参道ビル7階)
時間:12:00~20:00
休館日:無休
料金:無料

(画像:『Infinite Renew(無限の再生)』by 森万里子 会場風景 ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo)

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 「無限のエネルギー」を立体で表現、NY拠点に活動するアーティスト森万里子個展

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて