実写映画『僕は友達が少ない』から奇妙な青春を満喫する場面写真、主題歌も決定

2014年2月1日から全国で公開される実写映画『僕は友達が少ない』の場面写真が公開された。また、主題歌が決定した。

「残念系青春ラブコメ」をキャッチコピーに掲げ、テレビアニメ化もされた平坂読の同名小説をもとにした同作は、友人がいないことを部員資格とする「隣人部」のメンバーたちが友人作りのために奮闘する様子を描いた作品。実写版ではオリジナルストーリーが描かれる。今回公開された場面写真では、天才少女の志熊理科が開発した仮想体験ギャルゲーに夢中になり、引きこもりになってしまった柏崎星奈を助けるため、主人公・羽瀬川小鷹たちがゲームの端末を顔に取り付けているシーンや、1つのテーブルを囲んでいるシーン、星奈役を演じる大谷澪が水着姿を披露しているシーンなどが明らかになった。

また、主題歌にはメンバー自身も原作を愛読しているという3人組ユニット・ケラケラの“ひとつだけ”が起用されている。

キャストには、極度の人見知りで目つきの悪い金髪の主人公・羽瀬川小鷹役に瀬戸康史、性格に難のある黒髪のヒロイン・三日月夜空役に北乃きい、同性の友人が1人もいないお嬢様・柏崎星奈役に大谷澪が名を連ねている。メガホンをとるのは映画『シャッフル』やテレビドラマ『ザ・クイズショウ』などで知られる及川拓郎。

作品情報

『僕は友達が少ない』

2014年2月1日(土)から全国公開
監督・脚本:及川拓郎
原作:平坂読『僕は友達が少ない』(メディアファクトリー)
主題歌:ケラケラ“ひとつだけ”
出演:
瀬戸康史
北乃きい
大谷澪
高月彩良
神定まお
久保田紗友
山田萌々香
栗原類
渡辺大
石原良純
配給:東映

(画像:©2014映画「僕は友達が少ない」製作委員会)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 実写映画『僕は友達が少ない』から奇妙な青春を満喫する場面写真、主題歌も決定

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて