特集 PR

衣装がステキ、映画『繕い裁つ人』三島有紀子×伊藤佐智子対談

衣装がステキ、映画『繕い裁つ人』三島有紀子×伊藤佐智子対談

インタビュー・テキスト
藤田ひとみ
撮影:豊島望

「頑固じじい」のような仕立て屋・南市江(中谷美紀)は、祖母である先代の残した小さな洋裁店で、今日もミシンを踏んでいる。布を選ぶ手、ハサミを使う手……針と糸を扱うその手は、人々に喜ばれる服を自在に作り出すことができるのに、仕事以外はずっと不器用に生きていた。そんな彼女が、市江の仕立てる服に魅了されたデパートの社員・藤井(三浦貴大)との出会いによって、次第に心が揺れ動き、変化していく……。映画『繕い裁つ人』は、池辺葵原作の人気コミックをベースに、『ぶどうのなみだ』『しあわせのパン』を手がける三島有紀子監督が神戸のレトロな街並を舞台に、職人の信念と誇りを持つ一人の仕立て屋の女性の生き方を描いている。

古いものと新しいものが混在する神戸の街で、震災を経て今も残る歴史ある邸宅と、異文化への寛容さを感じ取れる港を情緒的に切り取ったこの映画は、思わず襟を正したくなるような一つひとつの道具の丁寧な扱いが印象的だ。同作で存在感を放つ「衣装」を担当したのが、映画『空気人形』(2009年)や井上陽水コンサートツアーのセットデザイン、衣装を手がけるファッションクリエイターの伊藤佐智子。ファストファッションの時代に、手作りの服は何を伝えてくれるのか? 「服は魔法である」と語る伊藤と三島監督に、世界に1着の服が生まれるまでの舞台裏を振り返ってもらった。

※本記事は『繕い裁つ人』のネタバレを含む内容となっております。あらかじめご了承下さい。

服を通して描写される心情があると思うんです。(三島)

―三島監督は、以前から伊藤さんとお仕事をご一緒されたいと思っていたんですよね?

三島:宮沢りえさんと伊藤さんがコラボレートした『STYLE BOOK』(2005年発行、ファッションの着こなしを学べる本)を持っていて、その本の中で伊藤さんが「服は魔法である」とおっしゃられていたんです。その言葉がすごく印象に残っていて。

伊藤:服が気持ちを変える力を、「魔法」と言ったのだと思います。素敵な人に会うとすごく満たされた気分になるように、素敵な服との出会いもとても嬉しいこと。それを身にまとうと、自分の肌の上にもう1枚、違う皮膚を身につけて新たな自分になったような感覚に包まれますよね。外面と内面の両方に変化をもたらす力が、服にはあると思います。

左手前:三島有紀子、右:伊藤佐智子
左手前:三島有紀子、右:伊藤佐智子


三島:それに、服にはその人の内面が表れていますよね。意識的に選ぶこともあれば、なんとなく身につけることもあるかもしれないけど、それも含めて、服を通して描写される心情があると思うんです。だからいつも、すべての登場人物の内面を衣装で演出できたらいいなと考えていて、伊藤さんとだったらより深く作り上げていくことができるだろうと思ってご一緒したかったんです。でも、なにしろ伊藤さんはファッションクリエイターの中でも大御所ですから、こんなに低予算の小さな作品を引き受けてくださるのか……。ドキドキしながらお願いしたのを今でも鮮明に覚えています(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『繕い裁つ人』

2015年1月31日(土)から新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開
監督:三島有紀子
原作:池辺葵『繕い裁つ人』(講談社)
出演:
中谷美紀
三浦貴大
片桐はいり
黒木華
杉咲花
中尾ミエ
伊武雅刀
余貴美子
配給:ギャガ

プロフィール

三島有紀子(みしま ゆきこ)

大阪市出身。18歳からインディーズ映画を撮り始め、神戸女学院大学卒業後、NHKに入局。『NHKスペシャル』『トップランナー』など「人生に突然ふりかかる出来事から受ける、心の痛みと再生」をテーマに一貫して市井を生きる人々のドキュメンタリー作品を企画・監督。11年間の在籍を経て独立後、『刺青~匂ひ月のごとく~』で映画監督デビュー。オリジナル脚本で監督も務めた『しあわせのパン』は、同名小説も執筆し、ともにヒットを記録した。14年10月には『ぶどうのなみだ』を発表。第38回モントリオール世界映画祭のワールド・グレイツ部門に招待された。映画監督としての仕事に加えて、TV向けドラマ作品や小説、エッセイの執筆等、幅広い活動で、柔らかなアプローチの中に熱い想いを秘めた作品を手がけるクリエイターとして評価を受けている。著作に小説「しあわせのパン」(ポプラ社)、小説「ぶどうのなみだ」(PARCO出版)がある。

伊藤佐智子(いとう さちこ)

ファッションクリエイター。一枚の布から始まる表現形式において常にそのコンセプチュアルワークに高い創造性を求め、自在な感性に依るオリジナリティあふれたデザインを提供することを信条とする。舞台、映画の衣装デザインはもとより、商品開発、井上陽水コンサートツアーではアート・ディレクターとしてセットデザイン、衣装等のヴィジュアルシーンを99年より担当している。映画『春の雪』(05)、『空気人形』(09)他。舞台「人形の家」(08/デヴィット・ルポー演出、シアターコクーン)、「ヴォイツェク」(13/白井晃演出、赤坂ACTシアター)、「秋のソナタ」(13/熊林弘高演出、東京芸術劇場)他。また、宮沢りえとの共作『STYLE BOOK』(講談社)や『日本の染と織』(パイインターナショナル)、『更紗 SARACA VISION 』(青幻舎)など著書も多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

ENJOY MUSIC CLUB“そんな夜”

原案脚本を手がけるバカリズムと、二階堂ふみ、オードリー若林の三人が出演する日本テレビ系ドラマ『住住』の主題歌“そんな夜”のPVが公開。何でもない平凡な日々にひそむ、ささやかなトキメキやきらめきをぎゅっと捉えるENJOY MUSIC CLUBの歌とラップがたまらないです。何かが始まりそうで何も始まらない、さえないけど愛おしい、そんな毎日を肯定する3分半の魔法が詰まっている。(山元)