ニュース

佐々木敦の「批評家養成ギブス」卒業生による批評集『アラザル』、佐々木敦3万字インタビューも収録

批評家の佐々木敦が主催するインディペンデントレクチャー・スクール「BRAINZ(ブレインズ)」にて、2007年9月から2008年2月まで行われた第1期講座「批評家養成ギブス」の受講生有志が制作した批評集『アラザル』が発売中だ。

取り上げるジャンルは、音楽、映画、文芸、マンガ、演劇、ダンスなど多岐に及んでおり、総勢17名によって書かれている。また、特別企画として佐々木敦の3万字ロングインタビューも収録されている。

同書は5月に行われた『春の文学フリマ2008』にて限定で販売されていたもの。青山ブックセンター本店をはじめ、タワーレコード新宿、ジュンク堂新宿店などの都内数箇所の店舗で購入ができるほか、Headzウェブサイトからの注文も可能となっている。

また、佐々木敦、大谷能生、木村覚、仲俣暁生らが講師を務めた、BRAINZ第1期の6コースも書籍化が決定しているとのこと。今後の情報に注目したい。

BRAINZ 批評家養成ギブス 批評集
『アラザル』
価格:500円(税込)

※取り扱い店舗はウェブサイトを参照

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)