ニュース

多彩仲間と作り上げた、エリーニョ初ソロアルバム『ヒヨコと猫の鳴いた、ココにある日常的』

バンド「獏」「The 606」のボーカル、小説『サンドボックス』の執筆など幅広い活動を行ってきたシンガーソングライター、エリーニョ初のソロアルバム『ヒヨコと猫の鳴いた、ココにある日常的』が10月7日にリリースされる。

本アルバムは、「2009年を生きるとある若者の1日」をストーリー仕立てにした私小説的1枚。彼女の個性的な歌声や、多彩な要素を持つ楽曲を存分に堪能出来るだろう。

同アルバムは、ライブ活動も共に行う「The Sweetest Friends」のメンバーと制作。HEADZ/WEATHERよりリリースされたアルバムも好評なANIMAの小島ケイタニーラブ、石川ユウイチをはじめ、イマダトキ(mothercoat)、コカジタカユキ(ex.サキノハカ、chamois、Darling Darling)、田口史朗(puff noide)など多彩な面々が顔を揃え、PVはYasufumi Fujii(number0)が手がけている。

※タイトルに一部誤りがございました。訂正してお詫びいたします。

エリーニョ
『ヒヨコと猫の鳴いた、ココにある日常的』

2009年10月7日発売
価格:2,145円(税込)
"T"RUST OVER 30 recordings DQC-335

1. ポケットライフ
2. タイムキャンディ
3. 風鈴涼日
4. AI
5. ごめんね
6. 小さい花
7. 大丈夫
8. 靴下タンス
9. Daily Lives
10. ポケットライフ piano ver.(ボーナストラック)

amazonで購入する

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)