ニュース

建築家・野口一将が作り出す幾何学な彫刻の世界、リキッド2階が動物園に

建築家・アーティストとして活動する野口一将の個展『So Close, Yet So Far Tour』が、12月27日まで東京・恵比寿のTime Out Cafe&Diner / Gallery Spaceで開催中だ。

野口は1978年生まれのアーティスト。これまでに多くのヴィジュアルアートや建築学的プロジェクトへの参加や、CORNELIUSや森山直太朗といったミュージシャンとのコラボレーションを行ってきた。

同展は、中落合ギャラリーで開催され好評を博した個展の拡張版。大きなキリン、ペンギン、猫など動物の直線の輪郭が印象的なスカルプチャーが展示され、ライブスペースLIQUIDROOMの2Fスペースとしてもお馴染みのTime Out Cafe&Diner / Gallery Spaceがさながら動物園のような変貌を遂げている。

『So Close, Yet So Far Tour』

2009年12月14日(月)~12月27日(日)
会場:Time Out Cafe&Diner / Gallery Space(東京・恵比寿)
時間:13:00~22:00
料金:無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Sampha“Blood On Me”

The xxの来日公演のオープニングアクトに抜擢されたSamphaの1stアルバムから先行公開されたPV。3つの場面で構成された断片的な映像がミステリアスな歌声を引き立てる。カニエ・ウェスト、フランク・オーシャンらの作品にも参加し、いま最もアルバムのリリースが待たれるR&Bシンガーの一人です。(山元)