ニュース

怒りと笑いを呼ぶ「無職のスペシャリスト」高木壮太による金言集『プロ無職入門』刊行

ミュージシャン、映像作家としても知られる「無職のスペシャリスト」こと高木壮太による金言集『プロ無職入門 高木壮太の活ける言葉』3月2日に刊行される。

徳島出身の高木は、高校中退後に「本業なき副業」としてキーボーディストの活動を開始。これまでにGREAT3やBONNIE PINK、YUKI、和田アキ子らのサポートやレコーディングに参加してきたほか、奥渋谷系と形容される所属バンドLOVE ME TENDERでの活動も行っている。また、映像作家としても2010年に『RAW LIFEとその時代』を発表している。

同書は、高木によってTwitterに投稿され、笑いと共に非難を浴びた名ツイート400本と、mixiで公開された妄想日記やコラム150本を収録。「面白い事やりましょう!という奴に限って官僚的」「お金で買えない本当に大切なものをまず発見するのは、お金をたくさん持っている人です」「上下の区別がない無重力空間にも『上から目線』は存在する」など、20年を超えるという無職生活の中で蓄積された、様々な哲学や雑学が掲載されている。

『プロ無職入門 高木壮太の活ける言葉』

2012年3月2日発売
著者:高木壮太
価格:1,890円(税込)
発行:スペースシャワーネットワーク

amazonで購入する

(画像上:高木壮太、画像下:高木壮太『プロ無職入門 高木壮太の活ける言葉』表紙)

高木壮太
高木壮太
高木壮太『プロ無職入門 高木壮太の活ける言葉』表紙
高木壮太『プロ無職入門 高木壮太の活ける言葉』表紙
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)