ニュース

築50年を超える木造アパートが舞台のアートイベント『ハギエンナーレ2012』

東京・谷中にある築50年以上を超える木造アパート「萩荘」を舞台にしたアートイベント『ハギエンナーレ2012』が、2月25日から開催される。

会場となる萩荘は2階建ての木造住宅。住み手がない状態だったところ、当時東京藝術大学の学生だった平川裕生と間宮洋一が偶然訪れた事をきっかけに、アトリエ兼シェアハウスとして2004年から運営されていた。また、入居者の多くが建築科の学生だったことから、使い勝手にあわせて改築されたという独自の空間づくりも魅力になっている。

『ハギエンナーレ2012』には、入居者や縁のあるアーティストたちが参加。展示作品は会期中に徐々に変更や解体、追加されていく予定だという。なお、萩荘は老朽化と区画整理に伴い今年の春に解体が決定しており、『ハギエンナーレ2012』が最後のイベントになる。

『ハギエンナーレ2012』

2012年2月25日(土)~3月18日(日)
会場:東京都 谷中 萩荘
時間:11:00~18:00
参加作家:
御幸朋寿
酒井真樹
平川裕生
間宮洋一
宮崎晃吉
湯沢満
磯谷博史
顧彬彬
イノマタアキ
藤木倫史郎
吉川一陽
笠島俊一
野口一将
加藤万利子
町田恵
平川敦
定休日:月曜
料金:無料

萩荘
萩荘
萩荘内部の様子
萩荘内部の様子
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)