ニュース

電子音楽家とSSWによる日本人デュオ、ゲストにツジコノリコら迎えた新作リリース

エレクトロニックフォークデュオLuis Nanook(ルイス・ナヌーク)の2ndアルバム『丘の上のロメロ』が、4月25日にリリースされる。

Luis Nanookは、弾き語りのブルーススタイルでソロライブを行なうシンガーソングライター佐立努と、Chihei Hatakeyama名義でkranky、room40、Home Normaといった海外レーベルから作品を発表してきた電子音楽家・畠山地平による2人組。存在感ある佐立の歌声と、畠山のディープな電子音が融合したサウンドを奏でるユニットだ。

2010年の『Place』以来のニューアルバムとなる同作では、ほぼ全編にわたって千葉広樹(Ba)と服部正嗣(Dr)を交えたバンドアンサンブルを導入。歌とコーラスを軸にしながら、フォークやブルースからサイケロックやチェンバーロック、シューゲイザー、エレクトロニカまでを内包した作品に仕上がっている。

ゲストミュージシャンには、ツジコノリコ、良原リエ(trico!、small color)、外間正巳(mas)らが参加。

Luis Nanook
『丘の上のロメロ』

2012年4月25日発売
価格:2,310円(税込)
FLYCD-14

1. romero
2. clouds
3. 6
4. a modulation
5. as days
6. hello
7. faust
8. the rain in Jun e
9. awa
10. sea

amazonで購入する

(画像上:Luis Nanook、画像下:Luis Nanook『丘の上のロメロ』ジャケット)

Luis Nanook
Luis Nanook
Luis Nanook『丘の上のロメロ』ジャケット
Luis Nanook『丘の上のロメロ』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)