ニュース

電子音楽家とSSWによる日本人デュオ、ゲストにツジコノリコら迎えた新作リリース

エレクトロニックフォークデュオLuis Nanook(ルイス・ナヌーク)の2ndアルバム『丘の上のロメロ』が、4月25日にリリースされる。

Luis Nanookは、弾き語りのブルーススタイルでソロライブを行なうシンガーソングライター佐立努と、Chihei Hatakeyama名義でkranky、room40、Home Normaといった海外レーベルから作品を発表してきた電子音楽家・畠山地平による2人組。存在感ある佐立の歌声と、畠山のディープな電子音が融合したサウンドを奏でるユニットだ。

2010年の『Place』以来のニューアルバムとなる同作では、ほぼ全編にわたって千葉広樹(Ba)と服部正嗣(Dr)を交えたバンドアンサンブルを導入。歌とコーラスを軸にしながら、フォークやブルースからサイケロックやチェンバーロック、シューゲイザー、エレクトロニカまでを内包した作品に仕上がっている。

ゲストミュージシャンには、ツジコノリコ、良原リエ(trico!、small color)、外間正巳(mas)らが参加。

Luis Nanook
『丘の上のロメロ』

2012年4月25日発売
価格:2,310円(税込)
FLYCD-14

1. romero
2. clouds
3. 6
4. a modulation
5. as days
6. hello
7. faust
8. the rain in Jun e
9. awa
10. sea

amazonで購入する

(画像上:Luis Nanook、画像下:Luis Nanook『丘の上のロメロ』ジャケット)

Luis Nanook
Luis Nanook
Luis Nanook『丘の上のロメロ』ジャケット
Luis Nanook『丘の上のロメロ』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Teen Daze“First Rain with S. Carey”

今年2月に発表されたアルバム『Themes for Dying Earth』より新たなPVが公開。Bon IverのバンドメンバーS・キャリーをフィーチャーした同曲。自然が発する壮大なエネルギーと、見知らぬ男女が出会い、互いの心に触れようとする様子が美しく紡ぎ出されている。(飯嶋)