まずはココから

いま、読みどころ

死刑囚たちが描いた絵画約300点による『極限芸術』展、出展者に林真須美死刑囚ら

2013/03/07 12:03

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

画像を拡大する

死刑確定者による絵画展『極限芸術 ~死刑囚の表現~』が、4月20日から広島・福山の鞆の津ミュージアムで開催される。

同展は、死刑囚の林真須美死刑囚や金川一死刑囚、岡下香死刑囚、高橋和利死刑囚、原正志死刑囚らが独房で描いた絵画作品約300点から構成。刑の執行がいつ行われるかわからない状態にある死刑囚たちが生み出した作品を通して、「人はなぜ表現するのか」を問いかける展示を目指すという。

会期中にはトークイベントも開催され、編集者の都築響一、アートディレクターの北川フラム、脳科学者の茂木健一郎が出演する。参加の申込方法はオフィシャルサイトで確認しよう。


※会期が延長されました(2013年6月27日追記)

イベント情報

『極限芸術 ~死刑囚の表現~』

2013年4月20日(土)~7月21日(日)
会場:広島県 福山 鞆の津ミュージアム
時間:10:00~17:00
休館日:月曜(ただし祝祭日は開館、翌日休館)
料金:一般500円 小学生以下・障害者の方無料

『都築響一トークイベント』
2013年4月21日(日)18:00~20:00
会場:広島県 福山 鞆こども園
出演:都築響一
定員:先着100名(要事前申込)
料金:1,500円

『北川フラムトークイベント』
2013年5月12日(日)14:00~16:00
会場:広島県 福山 鞆こども園
出演:北川フラム
定員:先着100名(要事前申込)
料金:1,500円

『茂木健一郎トークイベント』
2013年6月15日(土)19:00~21:00
会場:広島県 福山 鞆こども園
出演:茂木健一郎
定員:先着100名(要事前申込)
料金:1,500円

(画像上から:林真須美『国家と殺人』、岡下香『司法界のバラ』、金川一『イタリア人女性画』、原正志『鉄格子の少女-愛と平和』、万年三太郎『獄ちゅう物語・その壱』)

この記事に関するFacebookコメント