まずはココから

いま、読みどころ

『ドラえもん』が初の3DCGアニメ映画化、共同監督・脚本は『三丁目の夕日』の山崎貴

2013/11/14 11:11

イメージ

イメージ

イメージ

画像を拡大する

『ドラえもん』を初めて3DCGアニメ化した映画『STAND BY ME ドラえもん』が、2014年夏に全国で公開されることがわかった。

藤子・F・不二雄の生誕80周年を迎える記念の年に公開される同作は、原作単行本25巻に収録されている人気エピソード「のび太の結婚前夜」に、新たな要素を加えて再構築した作品。キャラクター造型には1年以上を費やし、原作の世界観とリアリティーを両立させた表情や動きになっているほか、背景はCGとミニチュアセットの実写映像を組み合わせて構成されている。さらに、奥行ある映像と立体視を駆使し、ひみつ道具の効果をリアルに体感できる映像になっているという。

監督は3DCGアニメ映画『friends もののけ島のナキ』を手掛けた八木竜一と、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴。山崎は脚本も手掛けている。

同作について山崎は、「子どもたちが楽しめるドキドキ・ワクワクする部分はもちろん、大人が感じられる切ない部分、ビターな部分も描いています」とコメント。さらに、初の3DCGアニメ化については「ドラえもんの道具をもし自分が手に入れたら、どんなことができるのか、3Dだと体感できます。自分自身の子ども時代の夢でもあるし、お客さんにも追体験してもらいたい」と語っている。

なお、『STAND BY ME ドラえもん』というタイトルには、日常に浸透しているドラえもんが「未来からやってきたロボットで、いつでも帰ってしまう可能性を秘めている」ということを再認識し、改めてドラえもんを発見して欲しいという想いが込められているとのこと。

※記事掲載時、本文の一部内容に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

作品情報

『STAND BY ME ドラえもん』

2014年夏に全国で公開
監督:八木竜一、山崎貴
脚本:山崎貴
原作:藤子・F・不二雄
配給:東宝

(画像上:『STAND BY ME ドラえもん』ポスター ©2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会、画像中・下:©2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会)

この記事に関するFacebookコメント