ニュース

『ノラガミ』が舞台化、夜ト役・鈴木拡樹らキャスト7人発表

あだちとかの漫画『ノラガミ』が舞台化され、2016年1月28日から東京・原宿のAiiA 2.5 Theater Tokyoで上演される。

『月刊少年マガジン』で連載中の同作は、無名だが高い戦闘能力を持つ神・夜トと、幽体離脱しやすい体質になってしまった少女・壱岐ひより、夜トが扱う「神器」である雪音を中心に描いたファンタジーバトル漫画。これまでにテレビアニメ化やゲーム化もされている。

舞台版で主人公の夜トを演じるのは、『最遊記歌劇伝』の玄奘三蔵役や、舞台『弱虫ペダル』の荒北靖友役を務めた鈴木拡樹。共演者には、壱岐ひより役の長谷川かすみ、雪音役の植田圭輔、毘沙門天の神器である兆麻役の和田琢磨、さらに毘沙門天役の安藤彩華、小福役の糸原美波、大黒役の友常勇気が名を連ねている。

なお、脚本と演出は映画『メサイア「漆黒ノ章」』の脚本や、舞台『新撰組異聞PEACE MAKER』『WORKING!!』を手掛けた伊勢直弘が担当する。チケットは先行抽選販売は11月29日まで実施中だ。

イベント情報

舞台『ノラガミ』

2016年1月28日(木)~1月31日(日)全8公演
会場:東京都 原宿 AiiA 2.5 Theater Tokyo
演出・脚本:伊勢直弘
原作:あだちとか『ノラガミ』(講談社)
出演:
鈴木拡樹
植田圭輔
長谷川かすみ
安藤彩華
和田琢磨
糸原美波
友常勇気
ほか
料金:プレミアムシート9,800円 一般席6,800円
※プレミアムシートは特典付き

舞台『ノラガミ』ティザービジュアル ©あだちとか・講談社/舞台「ノラガミ」製作委員会2016
舞台『ノラガミ』ティザービジュアル ©あだちとか・講談社/舞台「ノラガミ」製作委員会2016
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)