ニュース

SEALDsの半年間に密着した映画『わたしの自由について』、5月公開

『わたしの自由について~SEALDs 2015~』 ©2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA
『わたしの自由について~SEALDs 2015~』 ©2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA

映画『わたしの自由について~SEALDs 2015~』が、5月14日から東京・渋谷アップリンクほか全国で順次公開される。

同作は、昨年5月に発足した「自由と民主主義のための学生緊急行動(Students Emergency Action for Liberal Democracy-s)」を正式名称とする学生団体「SEALDs」を追ったドキュメンタリー映画。SEALDsはラップの要素を取り入れたコールや、ネットを駆使した情報の発信などで知られており、12万人が集った安保法案反対デモで注目を集めた。映画では数名の若者たちによってスタートした同団体の様子を、半年間にわたって捉えている。

監督と撮影、編集、製作を手掛けたのは西原孝至。西原は昨年の春にSEALDsの存在を知り、自主制作で同作を手掛けたという。なお同作の先行上映が、4月20日と、SEALDsの設立記念日である5月3日から5月10日にかけて渋谷アップリンクで実施される。

イベント情報

『わたしの自由について~SEALDs 2015~』

2016年5月14日(土)から渋谷アップリンクほか全国順次公開

監督・撮影・編集:西原孝至
配給:sky-key factory

『わたしの自由について~SEALDs 2015~』 ©2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA
『わたしの自由について~SEALDs 2015~』 ©2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA
『わたしの自由について~SEALDs 2015~』 ©2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA
『わたしの自由について~SEALDs 2015~』 ©2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA
『わたしの自由について~SEALDs 2015~』 ©2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA
『わたしの自由について~SEALDs 2015~』 ©2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA
『わたしの自由について~SEALDs 2015~』 ©2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA
『わたしの自由について~SEALDs 2015~』 ©2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA
『わたしの自由について~SEALDs 2015~』 ©2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA
『わたしの自由について~SEALDs 2015~』 ©2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

坂本美雨 with CANTUS“星めぐりの歌”

生前に宮沢賢治が口にした旋律を、のちに周りの人が採譜した“星めぐりの歌”。かねてより「ハーモニーが好き」と口にする坂本美雨と女子聖歌隊CANTUSが荘厳なコーラスワークを生み、それを包み込むようなharuka nakamuraのアレンジがほどこされ、余韻のすみずみまで美しい一曲に。(野村)