ニュース

宮沢りえ主演『湯を沸かすほどの熱い愛』にオダギリ、松坂桃李ら

『湯を沸かすほどの熱い愛』 ©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会
『湯を沸かすほどの熱い愛』 ©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

10月29日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開される映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の追加キャストが発表された。

同作は、自主制作映画『チチを撮りに』が『ベルリン国際映画祭』など数多くの映画祭で上映された中野量太監督の商業映画デビュー作。銭湯「幸の湯」を営む幸野家の母・双葉が余命を宣告されたことをきっかけに、家族から全ての秘密をなくすため、「絶対にやっておくべきこと」を実行していく様を描く。これまでに双葉役を宮沢りえ、双葉の娘・安澄役を杉咲花が演じることが明らかになっていた。

今回出演が明らかになったのは、双葉の1年前に家出した夫役を演じるオダギリジョー、旅先で双葉と出会ったことをきっかけに人生を見つめ直していく青年・拓海役の松坂桃李。さらに篠原ゆき子、駿河太郎、オーディションで選ばれた子役の伊東蒼もキャストに名を連ねている。

あわせて同作の場面写真が公開。幸の湯の前に立つ双葉たち家族の姿や、拓海の頬を両手で包む双葉の様子が確認できる。

オダギリジョーのコメント

熱く、繊細で、愛情溢れる素晴らしい脚本だと思いました。
母親に対しての感覚をこのような脚本に仕上げる監督と是非仕事をしたい!と思いましたし宮沢さんが演じる“おかあちゃん”を見てみたいと思ったのがお引き受けした理由です。
自分を例えるならば、麻婆豆腐における山椒のような存在になれているならば幸いです。

松坂桃李のコメント

台本を読んで、親子の絆を繊細に描いた優しい本だと思いました。
映画を見終わった後に、しっかり残る作品だと思いました。
そんな中野組に参加できたことは、本当に幸せでした。
個人的なことですが、撮影中に銭湯の番台に座れた時は心躍りました。
主演の宮沢りえさんは包容力があり、一緒にいるだけで吸い込まれそうな魅力のある方でした。
彼女は女優というよりは、役者という感じの方でした。
そんな宮沢りえさんとご一緒できたことは、もう一つの幸せでした。

作品情報

『湯を沸かすほどの熱い愛』

2016年10月29日(土)から新宿バルト9ほか全国公開

監督・脚本:中野量太
出演:
宮沢りえ
杉咲花
篠原ゆき子
駿河太郎
伊東蒼
松坂桃李
オダギリジョー
配給:クロックワークス

『湯を沸かすほどの熱い愛』 ©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会
『湯を沸かすほどの熱い愛』 ©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)