ニュース

ナムジュン・パイク展に200点超、ヨーゼフ・ボイスの関連作品群も

ナムジュン・パイクの展覧会『2020年 笑っているのは誰?+?=??』が、7月17日から東京・神宮前のワタリウム美術館で開催される。

「ビデオアートの父」として知られるナムジュン・パイクは、1960年代に芸術運動フルクサスに参加し、1963年に世界初のビデオアート作品を発表。1984年には世界各地で同時発生するパフォーマンスを衛星技術を用いて同時配信する『グッド・モーニング、ミスター・オーウェル』を手掛けるなど、テレビやビデオを用いたパフォーマンス、インスタレーションをはじめとする数多くの作品を残し、2006年に逝去した。

『2020年 笑っているのは誰?+?=??』展では、ワタリウム美術館のコレクションから、インスタレーション、ビデオ、ペインティング、ドローイングなど1970年代から1990年代にかけての作品約230点を展示。パイクの未発表原稿や、福井・永平寺で制作したビデオアート作品、筑紫哲也によるインタビュー映像も紹介される。さらに1961年以降、パイクと共同制作を行なったヨーゼフ・ボイスに関する作品群を、個別の展示室を設けて展示する。

展覧会タイトルは、パイクが1993年にワタリウム美術館のカタログに寄稿した「2020年に笑っているのは誰か」という予測にちなんでつけられている。なお同展は2期にわたって開催。前期は1956年から1989年まで、後期は1990年以降の作品で構成される。

イベント情報

『没後10年 ナムジュン・パイク展「2020年 笑っているのは誰?+?=??」』

前期:2016年7月17日(日)~10月10日(月・祝)
後期:2016年10月15日(土)~2017年1月29日(日)
会場:東京都 神宮前 ワタリウム美術館

時間:11:00~19:00(水曜は21:00まで)
休館日:月曜(7月18日、9月19日、10月10日、12月5日、12月19日、12月26日、1月9日は開館)、10月11日~10月14日、12月31日~1月3日
料金:
大人1,000円 学生800円 小・中学生500円 70歳以上700円
ペア割引 大人2人1,600円 学生2人1,200円
※前期チケット提示で後期チケットが300円割引
※各割引の併用不可

『X氏のハート』1976~82
『X氏のハート』1976~82
『ボイス』1988
『ボイス』1988
『フルクサスバス』1978
『フルクサスバス』1978
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

AFRO PARKER“After Five Rapper -SHACHIKU REQUIEM-”

AFRO PARKERが、すべての社畜a.k.a.企業戦士たちに捧げるレクイエム“After Five Rapper -SHACHIKU REQUIEM-”のPVを公開。メンバー全員が社会人の7人組。「えっもう定時?でもまだ仕事残ってっし」など、ラップに乗せて叫ばれる心の声は、実に生々しい。今週22日(土)には、六本木VARITにて、所属レーベル「para de casa」のイベントに出演。(矢島)