ニュース

住宅を演劇的手法で解体、前田文化×子供鉅人『解体アドベンチャー(仮)』

『前田文化×劇団子供鉅人|解体工事×演劇公演「解体アドベンチャー(仮)」』が、10月22日に大阪・茨木の前田文化で上演される。

前田文化は、1960年代に建てられた風呂なしの木造アパート「文化住宅」の物件名であり、同建物を利用した様々な活用方法の提案と実践を行なう団体の名称。劇団子供鉅人とのコラボレーションによる『解体アドベンチャー(仮)』は、前田文化の一部を演劇の手法を用いて解体するという企画だ。

当日は、住宅の壁や天井、外壁を舞台装置として利用し、芝居の進行と共に建物1階の壁や天井、床、一部外壁を解体。観客はヘルメットと防塵マスクを着用し、出演者のいる解体現場で芝居を鑑賞する。

定員50人となるチケットの予約受付は10月1日から開始。詳細は『前田文化×劇団子供鉅人|解体工事×演劇公演「解体アドベンチャー(仮)」』の特設サイトを確認しよう。

イベント情報

『前田文化×劇団子供鉅人|解体工事×演劇公演「解体アドベンチャー(仮)」』

2016年10月22日(土)全1公演
会場:大阪府 茨木 前田文化

作・演出:益山貴司
出演:
益山貴司
益山寛司
キキ花香
影山徹
億なつき
ミネユキ
山西竜矢
益山U☆G
古野陽大
うらじぬの
定員:50名
料金:4,000円

『前田文化×劇団子供鉅人|解体工事×演劇公演「解体アドベンチャー(仮)」』メインビジュアル
『前田文化×劇団子供鉅人|解体工事×演劇公演「解体アドベンチャー(仮)」』メインビジュアル
劇団子供鉅人
劇団子供鉅人
前田文化1階スペース
前田文化1階スペース
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)