ニュース

アピチャッポン展『亡霊たち』が東京都写真美術館で、本人参加のシンポも

アピチャッポン・ウィーラセタクン『ゴースト・ティーン』2009年 インクジェット・プリント
アピチャッポン・ウィーラセタクン『ゴースト・ティーン』2009年 インクジェット・プリント

展覧会『アピチャッポン・ウィーラセタクン 亡霊たち』が、12月13日から東京・恵比寿の東京都写真美術館で開催される。

タイ出身の映像作家・美術家のアピチャッポン・ウィーラセタクン。伝説や民話、記憶、夢などを題材に、長編映画『ブンミおじさんの森』『光りの墓』やインスタレーション、写真など、多岐にわたるジャンルの作品を発表している。

同展では「目に見えない亡霊」をキーワードにしながら、アピチャッポンの映像作品を紹介。作品の背景にある社会的、政治的側面にも焦点を当てる内容になるという。国内の公立美術館でアピチャッポンの個展が行われるのは今回が初めて。

会期中にはアピチャッポン自身が選ぶ短編作品の上映も実施。また12月18日には、アピチャッポンに加え、四方田犬彦、空族の富田克也と相澤虎之助が登壇するシンポジウム『映像の不可視性をめぐって』が開催される。詳細は東京都写真美術館のオフィシャルサイトを確認しよう。

アピチャッポン・ウィーラセタクン『悲しげな蒸気』2014年 ライトボックス、昇華型熱転写方式
アピチャッポン・ウィーラセタクン『悲しげな蒸気』2014年 ライトボックス、昇華型熱転写方式
アピチャッポン・ウィーラセタクン『炎』2009年 インクジェット・プリント 東京都写真美術館蔵
アピチャッポン・ウィーラセタクン『炎』2009年 インクジェット・プリント 東京都写真美術館蔵
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)