ニュース

デヴィッド・ボウイの様々な表情を撮影、ミック・ロックの写真展が原宿で

ミック・ロックの個展『DAVID BOWIE by MICK ROCK』が、2月25日から東京・原宿のVACANTで開催される。

イギリス・ロンドンで生まれ、現在はアメリカ・ニューヨークに在住する写真家ミック・ロック。デヴィッド・ボウイをはじめ、ルー・リード、イギー・ポップ、Queen、デボラ・ハリー、シド・バレット、Sex Pistols、Ramonesといったミュージシャンたちを数多く撮影したことから「70年代を写した男」と称される。

『DAVID BOWIE by MICK ROCK』では、ロックが捉えた様々な表情を見せるボウイの写真を展示。さらにロックが手掛けたボウイのPVも紹介される。なお同展の展示作品は全て購入可能だ。

ミック・ロック作品 ©Mick Rock 1972, 1973, 2016
ミック・ロック作品 ©Mick Rock 1972, 1973, 2016
ミック・ロック作品 ©Mick Rock 1972, 1973, 2016
ミック・ロック作品 ©Mick Rock 1972, 1973, 2016
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)