ニュース

浅野忠信&CHARAの娘SUMIREが映画デビュー 『サラバ静寂』2018年公開

映画『サラバ静寂』が2018年に公開される。

映画『黒い暴動♥』などの宇賀那健一がメガホンを取る同作は、音楽などの娯楽が禁止された世界が舞台。あることがきっかけで音楽に初めて触れた若者が、現在も行なわれている闇ライブ『SON OF A NOISE』の存在を知る、というあらすじだ。

ヒロイン役を演じるのは、映画初出演を果たすSUMIRE。浅野忠信とCHARAを両親に持つSUMIREは、雑誌『装苑』の専属モデルを務めている。なお同作は2月からGREEN FUNDINGでクラウドファンディングを行なう予定だ。

SUMIREのコメント

演技初挑戦は、今まで見たこともない新しい自分にたくさん出会える予感がして、とてもおもしろかったです。今回演じたヒカリという女性は、パーソナルな部分がどこか近くて、慣れていく内に入り込んでゆく感覚がありました。これから、役者としての自由な自分を見つけてゆきたいです。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)