ニュース

創作神話や廃材製の仮面も、『空想キングダム』展に異世界を構築する4作家

クシノテラスとギャラリーマルヒによる展覧会『空想キングダム』が、2月25日から東京・根津のギャラリーマルヒ、EXPOで開催される。

空想の世界を創作する4人の作家にフォーカスする同展。出展作家には、廃材などを用いて2万点以上の仮面を制作・展示している創作仮面館、パーキンソン病を患い、退職したのちに詩画や独自の「天使」をダンボールに描いている長恵、物語制作と並行して樹脂粘土を用いたフィギュアでオリジナルの神話を創作するなお丸、70代から自宅の外壁やトイレ、風呂場、寝室や階段、家電などにマジックペンで装飾を施している小林伸一が名を連ねる。

2月25日と26日には小林による滞在制作が行なわれるほか、会期中には同展のキュレーションを担当した櫛野展正(クシノテラス)によるトークイベントも開催される。

『空想キングダム』メインビジュアル
『空想キングダム』メインビジュアル
長恵作品
長恵作品
創作仮面館作品
創作仮面館作品
なお丸作品
なお丸作品
小林伸一
小林伸一
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)