ニュース

映画『赤毛のアン』5月公開 原作者モンゴメリの孫娘が製作総指揮

『赤毛のアン』 ©2015 GABLES PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
『赤毛のアン』 ©2015 GABLES PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『赤毛のアン』が5月6日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開される。

同作は、プリンス・エドワード島を舞台に少女アンが巻き起こす騒動や彼女の成長を描いた小説『赤毛のアン』をもとにした作品。1908年にL・M・モンゴメリによって発表された原作は、これまでに何度も映像化や舞台化がされている。

今回の実写映画版には、原作者L・M・モンゴメリの孫娘であるケイト・マクドナルド・バトラーが製作総指揮で参加。主人公のアン役をオーディションで選出されたカナダ出身のエラ・バレンタインが演じるほか、アンの養父マシュー役にマーティン・シーン、養母マリア役にサラ・ボッツフォードがキャスティングされている。監督はジョン・ケント・ハリソン。映画の原題は『L.M. Montgomery's Anne of Green Gables』となる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)