ニュース

A.B.C-Z塚田僚一主演 中屋敷法仁演出の『サクラパパオー』に片桐仁ら

『サクラパパオー』イメージビジュアル
『サクラパパオー』イメージビジュアル

舞台『サクラパパオー』が、4月26日から埼玉・彩の国さいたま芸術劇場、5月10日から東京・有楽町の東京国際フォーラムで上演される。

『サクラパパオー』は、1993年に鈴木聡主宰の劇団「ラッパ屋」によって初演され、2001年にパルコ・プロデュースとして再演された作品。トワイライトレースが行なわれる夜の競馬場を舞台にしたコメディーとなり、様々な事情を抱えた8人の運命が交錯する1夜の物語を描く。

今回の上演では主人公の田原俊夫役を塚田僚一(A.B.C-Z)が演じるほか、片桐仁、中島亜梨沙、黒川智花らが共演者に名を連ねている。演出を手掛けるのは、劇団「柿喰う客」主宰の中屋敷法仁。公演のチケットは現在発売中だ。

なお、同公演は東京公演終了後、宮城、愛知、大阪でも上演される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)