ニュース

ジャコメッティの大回顧展が国立新美術館で開催 代表作含む130点超が集結

『マーグ財団美術館の中庭に立つジャコメッティ』 Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)
『マーグ財団美術館の中庭に立つジャコメッティ』 Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

『国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展』が、6月14日から東京・六本木の国立新美術館で開催される。

1901年に生まれ、1966年に没した彫刻家アルベルト・ジャコメッティ。細長く引き伸ばされた人物彫刻で知られ、アフリカやオセアニアの彫刻、キュビスム、シュルレアリスムなどの影響を受けた作品を制作した。哲学者の矢内原伊作をモデルにした作品も多く残されている。

日本で開催されるジャコメッティ展としては約11年ぶりとなる同展は、初期から晩年までの作品を紹介する回顧展。フランスのマーグ財団美術館のコレクションを中心に、代表的な彫刻作品をはじめ、油彩、素描、版画、記録写真など約135点を出品する。アメリカ・ニューヨークのチェース・マンハッタン銀行のためのモニュメントとして制作された晩年の大作『歩く男I』『女性立像II』『大きな頭部』も展示される。

アルベルト・ジャコメッティ『歩く男I』 1960年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)
アルベルト・ジャコメッティ『歩く男I』 1960年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)
アルベルト・ジャコメッティ『3人の男のグループ(3人の歩く男たち)』 1948/49年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)
アルベルト・ジャコメッティ『3人の男のグループ(3人の歩く男たち)』 1948/49年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)
画像を拡大する(14枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

AFRO PARKER“After Five Rapper -SHACHIKU REQUIEM-”

AFRO PARKERが、すべての社畜a.k.a.企業戦士たちに捧げるレクイエム“After Five Rapper -SHACHIKU REQUIEM-”のPVを公開。メンバー全員が社会人の7人組。「えっもう定時?でもまだ仕事残ってっし」など、ラップに乗せて叫ばれる心の声は、実に生々しい。今週22日(土)には、六本木VARITにて、所属レーベル「para de casa」のイベントに出演。(矢島)