ニュース

ルミネが贈るカルチャー×ファッションの無料誌 創刊号に前田エマら

ルミネによるフリーペーパー『QUARTIER-LA paper』が、4月27日に創刊。東京・ルミネ新宿で配布される。

2001年にスタートし、2013年に常設店舗をオープンさせたルミネのインキュベーション企画「QUARTIER-LA」。次世代のファッションビジネスを担うブランドやクリエイターの発掘・育成を目的としており、企画名の「QUARTIER-LA」は英語で文化を表す「culture」とフランス語で解放区を意味する「quartier latin」を組み合わせた造語となる。

『QUARTIER-LA paper』の創刊号はA5サイズで全16ページのカラー冊子。AKIKOAOKI、mannine、GEODESIQUE、灰汁-aku-をはじめとするブランドやクリエイターへのインタビューを掲載するほか、前田エマ、colliu、mei、The Wisely Brothersといったモデルやアーティストが登場する。同誌では今後もカルチャーやファッションに関する情報を発信する予定だ。

なお創刊日の4月27日には、前田エマとAKIKOAOKIによるコラボレーションウェアが発売。4月29日には前田とAKIKOAOKIのデザイナー・青木明子が、東京・ルミネ新宿のQUARTIER-LA実店舗に来店する。

『QUARTIER-LA paper』表紙
『QUARTIER-LA paper』表紙
前田エマ×AKIKOAOKIコラボレーションウェア
前田エマ×AKIKOAOKIコラボレーションウェア
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)