ニュース

建築と美術の協同を再考『岡本太郎×建築』展 青木淳や名和晃平らの講義も

『日の壁』制作中の岡本太郎と丹下健三 1956年
『日の壁』制作中の岡本太郎と丹下健三 1956年

展覧会『「岡本太郎×建築」展―衝突と協同のダイナミズム―』が、4月22日から神奈川・川崎市岡本太郎美術館で開催される。

岡本太郎が行なった建築家との交流や共同作業に焦点を当てる同展。1964年の『東京オリンピック』に向けて作られた現在の国立代々木競技場のために制作された陶板壁画シリーズをはじめ、丹下健三、坂倉準三、アントニン・レーモンド、磯崎新といった建築家たちとのコラボレーションや交流が紹介される。

会期中にはレクチャーシリーズ『建築とアート』を4回にわたって開催。ゲストとして鈴木了二、青木淳、中山英之、名和晃平が登壇する。またワークショップや映像の上映なども実施される。詳細は川崎市岡本太郎美術館のオフィシャルサイトをチェックしよう。

岡本太郎『日の壁』原画 1956年 岡本太郎記念館蔵
岡本太郎『日の壁』原画 1956年 岡本太郎記念館蔵
アントニン・レーモンドと岡本太郎 1962年 デップス邸
アントニン・レーモンドと岡本太郎 1962年 デップス邸
岡本太郎アトリエ兼住居 坂倉準三建築研究所 1954年
岡本太郎アトリエ兼住居 坂倉準三建築研究所 1954年
岡本太郎『マミ会館』 1968年
岡本太郎『マミ会館』 1968年
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)