ニュース

メディアアートで「未来の再創造」探る ICC『オープン・スペース』展が開催

『ARKHITEKTOME/アルキテクトーム』2015年 参考図版 ©慶應義塾大学SFC松川昌平研究室
『ARKHITEKTOME/アルキテクトーム』2015年 参考図版 ©慶應義塾大学SFC松川昌平研究室

展覧会『オープン・スペース 2017 未来の再創造』が、5月27日から東京・初台のNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]で開催される。

今年に20周年を迎える同センターが毎年開催している同展。12回目を迎える今回は「未来の再創造」をタイトルに掲げ、メディアアートを中心とした新作を含むアート作品や、教育機関による研究成果としての作品などを展示する。また新進アーティストやクリエイターを紹介するコーナー「エマージェンシーズ!」も設けられる。

出展作家には緒方壽人(Takram)、evala、三原聡一郎、ユェン・グァンミン、岩井俊雄、徳井直生+堂園翔矢(Qosmo)、オーラ・サッツ、スグウェン・チャン、nor、グレゴリー・バーサミアン、カイル・マクドナルドらが名を連ねているほか、慶應義塾大学松川昌平研究室、SBC合同研究会、archiroidのコラボ作品、昨年の『グッドデザイン賞』で大賞に輝いた「オーサグラフ地図」の開発者・鳴川肇の研究室による研究成果を展示。「エマージェンシーズ!」では具志堅裕介、小林椋、和田夏実が紹介される。また会場では映像アーカイブ「HIVE」によってICCの歩みを辿ることができる。

期間中には出品作家によるイベントや、学芸スタッフによるギャラリーツアーなどを開催予定。詳細はNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]のオフィシャルサイトで随時発表される。なお開館20周年ロゴを矢萩喜從郎がデザインしている。

※記事掲載時から一部内容が変更になりました。

evala+鈴木昭男『大きな耳をもったキツネ』2013年
evala+鈴木昭男『大きな耳をもったキツネ』2013年
緒方壽人(Takram)『Oto-megane』2013年
緒方壽人(Takram)『Oto-megane』2013年
スグェウン・チャン『ドローイング・オペレーションズ・ユニット』2015年
スグェウン・チャン『ドローイング・オペレーションズ・ユニット』2015年
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)