ニュース

尾上松也が背徳のスイーツ男子に テレ東の新ドラマ『さぼリーマン甘太朗』

左から飴谷甘太朗役の尾上松也、『さぼリーマン 飴谷甘太朗』1巻表紙 ©アビディ井上・萩原天晴/講談社 ©「さぼリーマン甘太朗」製作委員会
左から飴谷甘太朗役の尾上松也、『さぼリーマン 飴谷甘太朗』1巻表紙 ©アビディ井上・萩原天晴/講談社 ©「さぼリーマン甘太朗」製作委員会

連続ドラマ『さぼリーマン甘太朗』が7月からテレビ東京、BSジャパンで放送。あわせてNetflixで先行配信される。

同作は、漫画『中間管理録トネガワ』の原作者・萩原天晴が原作を手掛ける『さぼリーマン 飴谷甘太朗』をもとにした作品。吉朝出版に勤務する飴谷甘太朗が、日々外回りの営業を手早く終わらせて密かにスイーツを堪能する様を描く。

仕事を完璧にこなす一方で、周囲に秘密で仕事をさぼり、甘味巡りをしている主人公の甘太朗役を演じるのは、連続ドラマ初主演となる尾上松也。劇中で甘太朗がスイーツを楽しむ店は全て実在する店となるほか、「スイーツに酔いしれる甘太朗の脳内イメージ」をハイスピードカメラやVFXを駆使して表現する。

「スイーツ男子」だという尾上は同作への出演にあたり「世の中のスイーツ男子を代表して、今回のドラマに出させていただくことは、まさに野望の一つが叶ったような気持ちでいます」とコメントしているほか、「スイーツ好きの方にはぜひ見ていただきたいドラマですし、実際にお店にも足を運んで、甘太朗のトリップをみなさんにも体験していただきたいです」と語っている。

尾上松也のコメント

連続ドラマの主演は初めてですので、オファーを頂いたとき素直に嬉しかったです。さらにメインテーマが甘味!実は私自身、一人で甘味処に食べに行くくらい甘いものが大好きで、「スイーツ男子」という言葉が生まれる前からの、根っからの「スイーツ男子」!ですので、世の中のスイーツ男子を代表して、今回のドラマに出させていただくことは、まさに野望の一つが叶ったような気持ちでいます。
コメディー色が強いドラマなのですが、何が面白いかといいますと甘太朗がふざけているわけではなく、本気でスイーツを愛しているところです。それが滑稽に見えます。しかし、スイーツは彼にとって他人に知られてはいけない秘め事。ですので、普段の優秀なサラリーマンの時と甘味を食べてトリップした時との差があればあるほど、スイーツ愛というものが表現できるのかなと思いますので、そこを意識して演じています。
スイーツ好きの方にはぜひ見ていただきたいドラマですし、実際にお店にも足を運んで、甘太朗のトリップをみなさんにも体験していただきたいです。このドラマを通してスイーツ好きがより増えて、私のようなスイーツ男子が生活しやすい環境ができたらいいなと思います!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)