大島渚監督『戦場のメリークリスマス 4K修復版』が来年1月から「最終リベンジ」上映

メイン画像:©大島渚プロダクション

大島渚監督の映画『戦場のメリークリスマス 4K修復版』が2023年1月13日から新宿武蔵野館ほかで最終上映。特別ビジュアルが到着した。

昨年4月から新宿武蔵野館ほか全国9館でスタートし、最終的に約100館で上映された『戦場のメリークリスマス 4K修復版』。最終上映期限が2023年3月末に迫るタイミングで「最終リベンジ」上映が決まった。

メイン館となる新宿武蔵野館では1月6日から坂本龍一が音楽、出演を務めた『ラストエンペラー劇場公開版 4K レストア』 も上映。1月17日には坂本龍一の約6年ぶりのオリジナルアルバム『12』がリリースされるほか、3月にはデヴィッド・ボウイの公式ドキュメンタリー『ムーンエイジ・デイドリーム』が公開。

『戦場のメリークリスマス 4K修復版』の上映は、大島渚監督作品が2023年4月に国立機関に収蔵される予定のため、最後の大規模ロードショー公開として企画された。

映画『戦場のメリークリスマス 4K修復版』&『愛のコリーダ 修復版』公式サイト | 大島渚監督2作連続公開!


フィードバック 1

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 大島渚監督『戦場のメリークリスマス 4K修復版』が来年1月から「最終リベンジ」上映

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて