磯村勇斗がパフェについて語る。『BRUTUS』アイスクリーム特集が本日刊行

メイン画像:©マガジンハウス

特集記事「本当においしいアイスクリーム」が本日6月3日刊行の雑誌『BRUTUS』1009号に掲載されている。

野菜や果物、乳製品などの素材を通して、その⼟地の味を伝えるアイスクリーム。特集では、素材の味を活かすだけでなく、スパイスやハーブを使い、料理やカクテルのように構築されたものなど、「本当においしいアイスクリーム」の多彩さを紹介する。

誌面には、上京したばかりの学⽣時代にパフェが有名なカフェで働いていたという磯村勇斗が登場。磯村が⼈⽣の先輩として影響を受けたというパティシエ・森郁磨が現在営む上野⽑の「ラトリエ ア マ ファソン」を訪ね、12年ぶりに再会する。森が磯村に贈るパフェも披露。

主なコンテンツは「ペアリングが楽しめるアイスクリームショップ」「フレッシュな⽜乳の産地である北海道とフルーツの産地である沖縄を巡るアイスの旅」「⽇本全国クラフトアイスクリームショップガイド30」「アイスクリーム・カルチャー考」「エキスパートによるインプレッション付きお取り寄せガイド」「アイスデザートの2⼤巨頭、パフェとアシェットデセールの情報」など。

【編集担当のコメント】
磯村勇斗さんが上京したばかりの学⽣時代に働いていたのは、パフェが有名なカフェでした。当時、磯村さんが⼈⽣の先輩として影響を受けたというパティシエ、森郁磨さんが現在営むのは、パフェの名店、上野⽑の〈ラトリエ ア マ ファソン〉。磯村さんがお店を訪ね、12年ぶりに森さんと再会。繰り広げられる会話と、森さんが⼤⼈になった磯村さんに贈るパフェにご注⽬ください。

Brutus No. 1009 試し読みと目次 | BRUTUS | マガジンワールド


フィードバック 1

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Book
  • 磯村勇斗がパフェについて語る。『BRUTUS』アイスクリーム特集が本日刊行

Special Feature

Crossing??

CINRAメディア20周年を節目に考える、カルチャーシーンの「これまで」と「これから」。過去と未来の「交差点」、そしてカルチャーとソーシャルの「交差点」に立ち、これまでの20年を振り返りながら、未来をよりよくしていくために何ができるのか?

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて