ロマン・ポランスキー 淫行で追放された米アカデミーに法的手段で反撃も

メイン画像:アメリカ映画芸術科学アカデミーオフィシャルサイトより

少女への淫行でアカデミー会員から追放

『アカデミー賞』を主催するアメリカの映画芸術科学アカデミーからの追放が発表された映画監督ロマン・ポランスキーが、アカデミーを訴える考えがあることがわかった。

ロマン・ポランスキー By Georges Biard
ロマン・ポランスキー By Georges Biard [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons (File:Roman Polanski Cannes 2013.jpg) [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons

1970年代に13歳の少女に性的暴行を加えたとして有罪判決を受け、国外に逃亡したロマン・ポランスキー。アカデミーは現地時間の5月3日、同じく女性への性的暴行で有罪判決を受けたビル・コスビーと共に両者の会員資格をはく奪し、除名とすると発表していた。

複数の海外メディアの報道によると、この処分を受けてポランスキーの代理人ハーランド・ブラウンがアカデミーに書簡を送付し、ポランスキーに弁明の機会を与えないのは、アカデミーの規定およびカリフォルニア州法に反すると主張。

さらにブラウンは『Los Angels Times』のインタビューに対し、自分たちが望んでいるのはポランスキーの主張を聞く機会を設けることであり、法的措置をとることを積極的に望んでいるわけでないが、要望を聞き入れてもらえないのであれば裁判所に行くしかない、と語っている。

2003年『アカデミー賞』授賞時に「みんな知っていた」

またブラウンは書簡と共にポランスキーが2003年に『戦場のピアニスト』で『アカデミー賞』監督賞を受賞した際の映像も送付。授賞発表時に参列者は会場に不在のポランスキーに対してスタンディングオベーションを送ったが、「この時みんな彼の事件のことを知っていた。それなのに弁明の機会も与えずに追放するのか?」と疑問を呈している。

2003年『アカデミー賞』監督賞発表の様子

#MeTooは「集団ヒステリー」で「偽善」

映画界では、プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインに対するセクハラ告発をきっかけに、映画人たちが働いてきた数々の性的暴行、性的嫌がらせが発覚。この状況に立ち向かおうと「#MeToo」や「TIME'S UP」といった運動が広がっている。

ポランスキーはポーランド版『Newsweek』のインタビューで、#MeToo運動について「集団ヒステリー」であり「完全に偽善的な行為」と発言。このインタビューはアカデミーからの除名処分の数日前に行なわれたという。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ロマン・ポランスキー 淫行で追放された米アカデミーに法的手段で反撃も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて