『ふたりで描く、ひとつの絵』

ふたりでひとつの絵を描く、双子のアーティストがいる。
彼女たちの名は、三尾あすか&あづち姉妹。まだ20代半ばの彼女たちは、ひとりではなくふたりで絵を描いている。その制作スタイルは、作品にどのような広がりをもたらしているのか。そして、若い彼女たちはこれからどのように成長し、豊かな作品群をつくりだすのか。その姿を連載で追う。

三尾あすか&あづち プロフィール

あすか(姉)、あづち(妹)ともに1985年生まれ。幼少の頃から絵を描くことが好きで、あすかは京都造形芸術大学美術工芸学科洋画コースを、あづちは京都嵯峨芸術短期大学イラストレーション科を卒業。「三尾あすか, 三尾あづちの双子の姉妹展」(2009年、京都府 gallery neutron)など、多数の展覧会に定期的に参加、作品を出品している。

三尾あすか&三尾あづち公式サイト「asuazu.com」

Asuka & Azuchi's artful daily blog as twins



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB