明るい後ろ向きより、暗い前向き LOST IN TIME インタビュー

LOST IN TIMEが11月10日にリリースしたアルバム『ロスト アンド ファウンド』が絶賛されている。これまでも人間味溢れる歌心を全面に感じさせる作品で、多くの人を虜にしてきた彼らだが、30歳という節目の年齢を迎える形で制作された今作は、人間味はもちろん、彼らがこれまで歩んできた人生までをも感じさせる作品だ。しかしそれは決してひとりよがりなものでなく、アルバム中の至るところで歌われる葛藤、そして失われることのない希望は、自分の心の奥底にあったもやもやした感情を代弁してくれているかのようで、まるで自分の人生がフラッシュバックするかのごとく強烈に心に響いてくる。バンドとともに多くの紆余曲折を経験してきた海北大輔、大岡源一郎の2人に、熱い想いを語ってもらった。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:柏井万作)

目を背けがちな部分にもちゃんと目を向けてる、ダークサイドなものもLOST IN TIMEの魅力のひとつだから

―最新作『ロスト アンド ファウンド』は本当にいいアルバムでした。これまで歩んできた人生の重みがあるというか。

海北:前作の『明日が聞こえる』(2009年3月発表)を作り終えたときに、みんなで「次はどうしようか」みたいな話をしたんですけど、『明日が聞こえる』は手触りのやわらかい作品というか、やさしくて、あたたかくて、ひらけた部分っていうのは表せたけれど、それはLOST IN TIMEの一面でしかないよねって話になったんですね。もっと内面的なところに向き合って、目を背けがちな部分にもちゃんと目を向けてる、ダークサイドなものもLOST IN TIMEの魅力のひとつだから、次はもっといびつな、極端にそこに集中した作品にできたらいいなって。

―じゃあ、かなり前から今作に向けて動き出していたんですね。

海北:曲すらない状態のときから、そういうイメージは描いていましたね。それで、選ぶ言葉やメロディーを、もう一回自分自身で見つめ直しながら曲作りをして。LOST IN TIMEってバンドは、そこで曲を作ってる、歌詞を書いている海北大輔って人間は、一体何者なんだっていうことを、すごく自問自答し続けた気はします。

―自問自答っていうのは?

海北:例えば、歌詞になる前の文節が出てきたときに、その言い回しだったり、語尾の結び方だったり、描写の捉え方、そういうひとつひとつを今まではどう歌ってたかなとか。それを振り返るだけの時間が少しずつできてきたんですよね。

―今までこうだったけど、もっとこうあるべきだったよな、みたいな?

海北:「こうすれば良かったな」っていう後ろ向きなことではなくて、その瞬間瞬間、全て全力でやってきたんだなってことを確認できたんです。それでその確認ができてからは、自分の言葉に力を持てるようになったんですよね。

明るい後ろ向きより、暗い前向き LOST IN TIME インタビュー
LOST IN TIME(左:海北大輔、右:大岡源一郎)

―確かに、言葉にすごい説得力がありました。

海北:前作って今のメンバーで作った初めての作品だったから、決して悪い意味じゃなくお互いの意見を尊重したし、だから手触りのやわらかい作品になったと思うんですよ。だけど今回はすごくわがままに作ったアルバムな気がするんです。歌詞の細かい描写には、源ちゃん(大岡源一郎/ドラム)や三井君(三井律郎/サポートギター)からアドバイスみたいなものはもらったけど、それをもらったからといって直すかどうかは僕が決めるっていう。

そもそもルーチンワークが嫌でバンド始めたんじゃねーの? って

―そういう意味では、前作よりもメンバーでぶつかり合いながら作った作品なんですね。

海北:そうですね。前作は、3人でここまでのものが作れたっていう喜びもあったから、今回のはもっと突っ込んで、お互い向き合う形で制作していこうって。いい意味でピリピリできましたね。

大岡:練る時間が結構あったから、いっぱい試行錯誤できたっていう感じですかね。いろんなところに、まぁだいたいギターとかに口出しできた(笑)。三井君も俺に、「源ちゃん、これギターどう?」みたいなことを言ってくれたし、みんなで話し合ってできるようになったというか。

―そこの良い悪いに対しての判断基準っていうのは?

明るい後ろ向きより、暗い前向き LOST IN TIME インタビュー

大岡:判断基準ですか。あれですね、パッと聴きですね(笑)。

海北:抽象的な感じなんですけど、源ちゃんのこの感覚っていうのは、意外とバンドの軸になってて。理論武装して言葉やアレンジを考えても、「なんかダメ」って言われたりして(笑)。

大岡:「入ってこない」とか、「何言ってるかわからん」とか(笑)。

海北:でも、その「なんか」に勝てない瞬間っていうのがあるんですよね。

大岡:そういうパッと聴きの良さと、よくよく歌詞を見て良いみたいな、その真ん中を行きたかったんですよ。どっちにも行き過ぎないように。間を取るっていうのが、キーワードとして流行って。

海北:でも、基本の部分はちゃんと委ねてもらえたというか。この歌詞はちょっと難しいんじゃないのかって言われた歌もあったんですけど、「これは難しい歌として歌いたい」ってわがままを聞いてくれて、何とかシンプルに聴かせようとアレンジを模索してくれたり。練る時間がすごくあったから、ファーストアルバムを作るような感覚っていうんですかね。

―それってどういう感覚なんですか?

海北:ファーストアルバムって、それまでの人生が凝縮されるものだから、悪いものになるはずがないんですよ。でも、セカンド、サードって、出すスパンが短くなればなるほど、人生を切り取る期間も短くなって、だんだんとルーチンワークになってしまったりもして。そもそもルーチンワークが嫌でバンド始めたんじゃねーの? っていう疑問とか。…そういうものにいろいろ気付き始める年頃(30歳)なんですかね?

―僕もちょうど30歳ですけど、まさにそういう年頃だと思います(笑)。

海北:そうですか(笑)。まあだから、前作から今までってことじゃなく、生まれてから今までをちゃんと切り取れたって意味で、ファーストアルバムみたいな感覚があるんですよね。

夢や希望で未来は明るいって教わってきたけど、いざ社会に出たら全部が瓦解してた

―それはすごく感じますね。LOST IN TIMEって、歩んできた人生とか日常が、音楽にすごく反映されるバンドだと思うんですよ。例えば5人編成でやってた『さぁ、旅を始めよう』(2007年3月発表)の頃は、本当に5人でやってた期間だけの作品だったなと思うんですけど、今回は30年分のものが詰まった作品になってると思うんです。

明るい後ろ向きより、暗い前向き LOST IN TIME インタビュー

海北:それはすごくあるかもしれないですね。

―それって歌詞にも反映されてると思うんですよね。今回のアルバムで歌いたかったものっていうのは?

海北:意識したわけじゃなくて、自然と出てきた部分が強いんですけど、自分自身はもちろん、時代とか世代に対して歌ったものが多いです。僕らの世代って、常にいろんなところに閉塞感を感じながら生きてるような気がしていて。俗に言うロスト・ジェネレーションじゃないですか。小っちゃな頃、夢や希望で未来は明るいって教わってきたけど、いざ社会に出たら全部が瓦解していて。そのギャップを一番味わった世代というか。いまの10代とか20代前半の子たちは、またちょっと世代が変わっているらしくて、ホープレス・エイジって言うらしいんですけど。

―希望がないんだ。

海北:最初から「景気悪い、景気悪い」って言われてるなかで育ってるから、夢の見方を知らないっていうか。僕らの世代は閉塞感がある反面、夢を見ることに対しては抵抗がないんですよね。誰かの本を読んだときに、「ロスト・ジェネレーションは夢を描ける最後の世代だ、いまこそおおいに理想を語るべきだ」って書いてあって。今回のアルバムには、不安だったりが描かれている反面、僕らはもっと夢を見るべきなんだっていうのが裏のテーマなんですよね。すごく暗いアルバムだけど、すごく前向きなアルバムにできた気がするんです。

―それはすごくわかりますね。

海北:明るい後ろ向きになっちゃってる人がすごく多い気がして。でも、そうじゃねーよなって。「明るい後ろ向きより、暗い前向き」っていうのが、いまの僕のテーマです。

気付いたものに対して知らないフリなんか絶対できっこないし。

―“夢”っていう曲には、それがすごい出てますよね。最後の〈努力や情熱と 余りにも/不釣り合いな報いばかり受けて/それでもまだ明日があるって事に/希望を捨てられずにいる僕らにこそ/明日は来る〉ってところとか。30歳とかのタイミングって、現実の壁に当たっていろんなことをあきらめたりすると思うんですけど、LOST IN TIMEの歌はそこでちゃんと前を向いてて、すごいグッときて。

海北:そこを信じたり、夢を描かないと、僕自身音楽に申し訳が立たないというか。音楽ってものに、バンドってものにすごく夢を感じて、僕らはこの世界に入ってきたわけで。そこで無理に明るい顔をできない状況がいろんなところから聞こえてくるのが現実だったりするんですけど、だからといって嘘をつきたくないし、夢は見ていたい。夢を描いて、その夢をまた次の世代に託していけるような存在になりたいんです。

―素晴らしいことだと思います!

海北:僕自身、考えすぎちゃうタイプの人間っていうか。もっとシンプルに笑っていたかったりもするんですけど、かと言って気付いたものに対して知らないフリなんか絶対できっこないし。年をとればとるほど、目につくものだったり、気付いてしまうものが増えてきて。そこで見て見ぬフリだったり、蓋をするようなことは、極力したくないんですよね。

明るい後ろ向きより、暗い前向き LOST IN TIME インタビュー

―そういうのって、損な性格ですよね。そこで目をつぶったらすごく楽なのに。

海北:でも、ラクなことが果たしていいことなの? って思うんですよ。面倒なことって、やっぱりおもしろいんですよね。そこに気付いてしまったので。だからこれからも、いろんな面倒臭いことに首を突っ込んでいくと思います。



フラットっていうのは一番危険なことだと思うんですよ。プラスもマイナスも孕んだ形で、僕はここに答えを置きたい。

―今回の作品は暗いという話がありましたけど、僕はあんまり暗いとは感じてなくて。むしろ清々しいというか、もやもやしてたものが取っ払われたというか。

海北:あー、そう言ってもらえるのはうれしいです。今まで思い描いてきた場所に一番近い気がするんです。さっき自問自答したって話はしましたけど、それによって自分の言葉に対しての自信を取り戻せたというか。根拠がある/ないとか、正しい/間違ってるってことではなくて、「今の僕はこれを本気で思ってるんだ」ということに対しての純度をすごく上げることができたんですよね。まわりの意見を聞きすぎると、そこがどうしても濁っちゃうから。みんなの言い分を聞いて、みんなが納得する言葉を歌っても、結局そういうことでしかなくて。

―あー、可もなく不可もない感じになっちゃうというか。

海北:フラットっていうのは一番危険なことだと思うんですよ。プラスもマイナスも含んだ大きな形で重心がゼロにあることと、ただのゼロは違うから。そこでバンドって塊をすごく大きくできた気がするんです。プラスもマイナスも孕んだ形で、僕はここに答えを置きたい。そこに対してはちゃんと自信を持っていますって。だから、聴く人によっては、説教を聴いてるような気分になる人もいるかもしれない。けれど、なんで僕の気持ちをここまでわかってくれてるんだと感じてくれる人もいる。誰かにとって耳を塞ぎたくなるくらいのものじゃなきゃ、心の深いところまで届かないと思うんです。

自分がいびつであるっていうことに対しての罪悪感が取れたんですよ、ようやく。

―確かに。わざわざお金を払って、普通のものとか聴きたくないですからね。

海北:自分がいびつであるっていうことに対しての罪悪感が取れたんですよ、ようやく。人と違うことをやりたくてバンドを始めたのに、バンドって業界のなかでみんなが同じことをやろうとしてる感じが、なんかわかってきちゃって。もともと僕はパンクとかが大好きで、パンクって人と違うものを持ってなんぼな部分があるじゃないですか。LOST IN TIMEを組んだ当時は、青春パンクって言葉がアイコンになりすぎちゃってて、その言葉に寄り添う形でいろんなバンドが出てきて。そいつらどこがパンクだと思いながら、そういうシーンのなかで、しっかり歌うバンドをやったほうがパンクだなと思ってたんです。やっぱりどこかあまのじゃくで、主流にはなりえないタイプの人間なんだなっていう。そこにいることを善しとしないというか。常に少数派の側に立ってものを考えていきたい。

―でも、たくさんの人には届けたい?

海北:そうですね。たくさんの人がハッとするためには、たくさんの人が当たり前に見過ごしているところに目を向けなければいけなくて。そういう人たちがビックリするようなことっていうのは、多数派のなかにいたらわかりっこないんですよ。もちろん、僕にも友達はいるし、ひとりぼっちでは決してないけれど、その友達も含めたところで、一個孤立した場所は常に持ってないといけないなという意識はありますね。

―なるほど。ちなみにLOST IN TIMEはもうすぐ結成10周年になりますけど、改めてこういうバンドになっていきたいとかって?

海北:10年、紆余曲折すぎるくらいありましたからね(笑)。だから、どこに行くとか、何を目指すとかって、もうないんですよ。最初の話に戻るんですけど、僕たちLOST IN TIMEっていうのは何者で、どういうサウンドをどういう形で鳴らす3人なのかっていうのを突き詰めていくだけだと思うんですよね。行きたい場所っていうよりは、自分たちがいったい何者かっていうのを、言葉だったり音だったりのひとつひとつに確立していきたいっていうことの気がしますね。

―その現時点での答えが、今回のアルバムっていうことですよね。

海北:そうですね。それが少しずつ変わっていくのかもしれないし、変わらずにあり続けるのかもしれないし。

―極端な話をすれば、一生答えが出ない。

大岡:そうですよね。

海北:禅問答ですよね、ほんと。円周率みたいなもんだと思うんですよ。3だったものが3.1になって、3.14になって、小数点が増えれば増えるほど円は精巧に描かれるじゃないですか。ピントを合わせていくというか。僕らがやってるのは、きっとそういうことな気がしますね。

―気が遠くなるような作業というか…、それ聞くとマネしたくないかも(笑)。

海北:そうですか? 楽しいんですけどね(笑)。

リリース情報
LOST IN TIME
『ロスト アンド ファウンド』

2010年11月10日発売
価格:2,520円(税込)
UKDZ-0103

1. ひとりごと
2. 青よりも蒼く
3. ニジノシズク
4. 勲章と傷
5. なくしたうた
6. 夢
7. その名前を
8. スピンオフ
9. 所在なき歌
10. 進む時間 止まってた自分
11. 陽だまり

プロフィール
LOST IN TIME

2001年結成以来、ひたむきさと真摯な姿勢、感情の深いところに突き刺さる詞とメロディーが評価されてきたロックバンドLOST IN TIME。3ピース・バンドならではの緊張感とストレートに鳴り響くギター・サウンドに加え、年を重ねるごとにシンプルながらも味わい深いバンドサウンドへと成長している。2010年11月、通算6枚目となる傑作アルバム『ロスト アンド ファウンド』をリリース。12月より、『LOST IN TIME TOUR 2010〜2011 "LOST & FOUND"』を開催。2011年3月までワンマン7公演を含む全28公演を行なう。ツアー最終日は2011年3月19日恵比寿LIQUIDROOM(ワンマン)。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • 明るい後ろ向きより、暗い前向き LOST IN TIME インタビュー

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて